リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

玩具」にまつわる体験談

フェラもセックスも大好きな出会い系で出会ったセフレ

出会い系で出会ったマリとは、彼女とはできないようなセックスをいつも楽しんでいる。

お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や嗜好に素直になれるのだ。

今日はマリにオナニーを強制してみた。

恥ずかしがるマリにローターとバイブを渡し、ベットに座って、壁によっかかっているマリをいすに座って眺める。

「いつもひとりえっちのときは、おもちゃを使わないんだけど。」


ハダカでベットに座ってい...

友人の妹の入浴を

向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。

旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。

27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。

娘も友人宅に外泊。

チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。

深夜、合い鍵で堂々と侵入。

(不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピーするのは簡単だった)奥さん...

誇り高く、知性と気品に満ち溢れた三十七歳の人妻・・・

その美しい人はすべてを諦めたようでした。

誇り高く、知性と気品に満ち溢れた三十七歳の人妻。

外資系の会社で管理職の地位にある彼女の服装は凛として、颯爽としていました。

短く切リ揃えている髪の緩やかなウェーブがその人の美しさを引き立てています。

僕はその人を柱に縛り付け、きっちりしたスーツのインナーごしに乳房を掴みました。

小さめの乳房でしたが硬く張りのある弾力でした。

その人は静か...

母娘に種付け

向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。

旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。

27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。

娘も友人宅に外泊。

チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。

深夜、合い鍵で堂々と侵入。

(不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピー するのは簡単だった) ...

出会い系サイトでバツイチさんなら簡単

    世の中には欲求不満の人妻やら熟女がゴロゴロしてるので、お手軽でしかも濃厚なセックスを求めるなら人妻か熟女を狙うのが常識でしょ!?狩り場はもっぱら出会い系サイト。

今回も頂いてきました。

お相手は39才のバツイチ子持ちでした。

人妻やら熟女狙いっていったけど、バツイチはもっと簡単です(笑)欲求不満プラス寂しいからでしょうかね?おばさんはアバターだけで写メは載せてなかった...

彼らに味わされた刺激・・・

1年程前、夫の転勤が決まり子供も中学入学を控えていた事もあって1人単身赴任する事になりました。

結婚15年を迎える私達ですが、夫の性欲は衰える処か激しさを増す一方で、私も夫の性欲に呑み込まれていました。

そんな矢先に夫の単身赴任が決まり、夫は私の身体を求める様に、月に数回帰宅していたんですが、ある時、夫が翌日も仕事で帰れないと言う事で、お互い住んでいる中間地点(車で1時間半)の場所に広い公園があ...

泥酔して目の前でコケたOLを送り狼

終電で地元の駅に帰ってきて歩き始めたら、目の前を歩いてたおねーちゃんがコケた。

「大丈夫ですか?」と声を掛けたら、たまに朝の通勤電車で会うOLさんだった。

結構酒臭く、真っ赤な顔。

コケたのは酒のせい+ヒールが折れたからだった。

起き上がるのに手を貸したあたりで、あっちも俺の事を思い出してくれた。

少し歩いてみたが、どうやら足首を捻ったらしく痛がる。

冗談で「おんぶする?」と聞いた...

美脚で感度抜群のギャルに求められて中出し

   僕はが苦手だが、最近なぜか率が高いんだよな。

だから苦手なんじゃなくてホントは好きなんじゃないかと思い始めている今日この頃…とSNSで知り合い少し前からテレホンSEXを続けていたとリアルでSEXに成功した。

待ち合わせにはミニスカ、パンストで現れた。

色白で清潔感もあってなかなかのレベル。

身長も高くかなりの美脚だ。

自分は派だが、この女はスタイルもいいから黒いパンスト...

泊まりにきた姉の友人が中出しさせてくれました

僕には24才の姉がいます。

親元を離れて姉と一緒に住んでいました。

そんな姉も念願の玉の輿結婚が決まり、いよいよ念願の一人暮らしができると喜んでいました。姉が新婚旅行で海外に行ってしまったある土曜の夜、姉と幼馴染みの浩子さん(24才、既婚)が訪ねてきてくれました。

姉が留守中の僕の世話を頼んで言ってくれたとのことでした。




浩子さんの家は近所のマンションの最上階で実は浩子さんと仲の良い...

人妻ですが夜な夜な男を漁ってたら、今日はアナルをやられちゃいました

肌を大胆に露出した恰好が大好きです。

酒乱ぎみの夫が寝た後、あたしはいつもボディコンのミニスカートの下はノーパンというかっこうで、街へ男をハントにでかけるのです。

十歳も年上の男と結婚したのは、実はお金のため…SEXがご飯よりも好きなわたしだから、半分アルコール中毒になりかかった夫に満足できるわけがありません。

わたしって結構、美貌のオンナですから、お見合いパブやプールバーなんかでもけ...