リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

近親相姦、大人になった娘の身体に負けて

   私は5年前に妻を交通事故で亡くしました。

娘も今年高校に入り、勉強に部活動に頑張っている。

再婚話もあったが、妻を忘れられず断り続けた。

そして、妻の残した下着などで男の生理を処理してきた。

しかし、最近、娘の亜里沙がめっきり女らしくなり、妻に似てきた。

情けないことに、ずっと妻を想像しながらのオナニーで我慢してきたが、ここ半年ほどは娘の身体を想像して処理することが多くなった。

このままでは娘に手を出してしまいそうで、気持ちを整理するために、先日上京して、出会い系サイトを利用した。

希望の女子高生は時間通りに現れ、すぐホテルに入った。

身長や顔立ちや髪型も、リクエスト通り娘に似た感じの子であった。

少し話をすると、その子は高校2年生で、親への反発とお金欲しさで、援交しているとのことであった。

早速、シャワーを浴び彼女を抱いた。

瑞々しい身体に久しぶりにペニスが痛いくらい勃起した。

前戯もほどほどに彼女の中に納まった。

ゆっくり腰を振りながら膣の感触を味わった。

何とも言えない気持ちよさであった。

さすがに5年ぶりのセックスで思ったよりも速く限界が来た。

2分ももたず、身震いしながら彼女の中で射精した。

「おじさん速かったから、元気があるのならもう一回OKよ」とばかにされ腹が立ったが、やらない手はなく、彼女のおっぱいにむしゃぶりついた。

今度は、69も楽しみ、ゆっくり膣内の感触を味わい2度目の精を放った。

これで、娘との近親セックスは回避できるとほっとしながら、帰路についた。

そして、しばらくはその思い通りに、娘を想像してのオナニーでは我慢できなくなると、上京して娘に似た女子校生とセックスして処理した。

しかし、そのうちにそのパターンでは我慢できなくなってきた自分を感じてきた。

そんな折、風呂上りのパジャマ姿でテレビを見ながらうとうとしている娘が、妙に艶かしく父親としての理性を失わせた。

もっと近づいて、娘の身体を見てみたい。

そして、触ってみたい。

この衝動に負け、娘に近づき顔や胸、お尻をじっくり眺めてみた。

若い身体の息遣いに興奮しながら、いつの間にか、ズボンからペニスを引き出し擦り始めた。

そのうち、私の激しい息遣いに娘が目を覚ました。

目の前の光景に娘は声をあげ逃げようとした。

私は、咄嗟に娘の手をつかみ抱き寄せた。

「いや。

お父さん」娘の悲鳴が私を追い込んだ。

「もう、やるしかない」私は覚悟を決めた。

そして、激しく抵抗し金切り声を上げる娘に打ち身を喰らわせた。

痛みにうずくまる娘のバジャマを脱がせ、下着も剥ぎ取った。

綺麗な肌だった。

乳房を弄り、吸った。

そして、股間を広げ、ほどよく茂った陰部を眺めた。

怒張しきった私には前戯する余裕も無く、陰唇を少し舐める程度で、ペニスに唾を塗して娘の中に入った。

最近、月1程度で女子高生とセックスはしているが、娘との交わりは特別の興奮を覚えた。

自分の分身がこんなにも成長している。

ビストン運動をするたびに、気持ちよくペニスを包み込む大人の身体になっている。

気持ちいい。

もう父親ではなく、野獣であった。

速く出したい。

ピストン運動のスピードを上げた。

間もなし、脳天にえもいわれぬ快感が走り爆発した。

射精してから、腰を引いたが大半は娘の膣内で放出された。

しばらくは、泣き崩れる娘の姿に父親の心と野獣の心が交錯した。

「亜里沙ごめんよ。

お父さんは大変なことをしてしまった。」


と侘びながらも、息づく乳房や大きなお尻に、またしても勃起した。

「もう一回やりたい」野獣の心が打ち勝った。

抵抗する娘に、またしても打ち身を喰らわし、乳房に吸い付いた。

そして、陰唇を舐めまわし、クリトリスを舌で丹念に刺激した。

泣きながらも、その刺激に身体がビクン、ビクンと何度も反応した。

今度は、唾をつけずに挿入を試みた。

窮屈ではあったが、痛みを覚えることなく納まった。

野獣化した私のペニスは、ひたすら膣の感触を味わうべく、激しく時にはゆっくり、娘の膣内を往復した。

やがて、脳天がしびれ娘にしがみつき射精した。

その後、気まずさは残ったが、娘も経済的に頼らざるを得ないと、我慢しているのだろうか、週に2回ほどの私の求めに応じるようになった。

私は5年ぶりにコンドームを購入し、娘の妊娠に配慮しながら、大人になった娘の身体に溺れている。

そして、こんな親子の夫婦生活が長く続くように願っている。

真夜中女子会ちゃんねる
出合い系で即ヤリイケメン希望で出会った男はなすびだった

おすすめ記事