リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

掲示板にアロママッサージの募集を

 薫とはある出会い系で知り合った。

地域の掲示板に「アロママッサージの募集」を俺が出したのに応募してきた。

俺のアロママッサージは素人に毛の生えたぐらいのもんだが、直接的にセックスを謳うよりは多少食いつく。

といっても10回募集して1人釣れれば良い方で、ほとんどの場合は空振り。

 もちろん、俺の目的は女の体にベタベタ触ることで、あわよくばそのまま犯しちゃおうって算段だが、だいたい向こうから「そういうのはないですよね?」的な問い合わせがあるので「ありません」とは答えてはいる。

 薫も同様の問い合わせがあり同じく答えた。

会うのはメールをもらった3日後で、東京の募集なのになぜか埼玉での待ち合わせ。

当日の朝一にサイトのメールが来た。

びびって断りのメールだろ?と思ったら「今日はよろしくお願いします」と丁寧なメールだった。

 改めてこのメールでセックスはしないと確認がなかったので、逆にできない可能性の方が高い。

なんだか億劫になってしまったが、約束した以上出向くことにした。

約束の場所に行くと、年齢がそれらしい人が立っていたので声をかけてみるとそれが薫だった。

 薫は、スポーツが好きでテニス、スキーをやってるからだろうか、少し日焼けしたスレンダーなタイプ。

俺は色白が好きなので、だいぶ億劫になってしまった。

いつもはきれい目のホテルを探しはいるのだが、今日は適当に安そうなところに休憩でフロントで前払い…お金を払おうとすると薫が払ってくれた。

「マッサージしてもらうので」とますますセックスはできそうにない。

部屋に入り、風呂の準備をして、紙パンツと紙ブラをだしでたらこれに着替えてといって渡し、風呂へ促す。

その間にマッサージの準備だ。

 しかし、やれない上に浅黒い女にテンションが低い、10分ほどで風呂から出てきた薫は、渡した紙下着をつけずに「このままでもよいですよね?」とタオルを広げ全裸をさらしてきた。

「薫さんが良いならそのままで良いですよ」うん、スポーツやってる人だけあってスタイルはよい!筋肉質の下半身V時はここ最近あまり見ない。

どちらかというとだらしない体型の裸ばかり見てきたので少し新鮮だが、女性的な丸みの少ない身体は触ってもあまり… ということでベッドの上に座らせ肩周りからマッサージを始める。

うつ伏せで背中から足をマッサージ、足の付け根、臀部のマッサージをしていると、ピチャピチャクチャクチャと聞こえてきた。

本当は仰向けになってからやる鼠蹊部のマッサージをうつ伏せのままやると、腕が陰部に着くかつかないかぐらいの位置にすると、尻をクネクネとして来て陰部に腕が触れてしまった。

 少し触れてしまった程度なのに腕には愛液がばっちり絡んできた。

何も言わずにそのまま仰向けにして、腕からデコルテのマッサージでちょこちょこと乳首をかすらせるとすでに乳首はカチカチになっていた。

 気が付かないふりをしながら足のマッサージ、鼠蹊部から恥丘を手のひらでマッサージした頃には、小さく喘ぎ声が聞こえてきます。

そのまま内股の足の付け根をマッサージを始めた頃には、はっきりとした喘ぎ声になった。

そのまま薄い毛の陰毛の下にあるクリトリスを刺激するとすぐに逝ってしまった。

 おかまいなくそのままあそこに指を入れるとそこはもう満水状態。

指1本で刺激していると潮吹きをして、そのままなし崩し的にクンニをするとまた逝った模様、服を脱ぎ、そのまま生で挿入すると薫の足が俺の腰に巻きついてきた。

 挿入してすぐに薫は逝ったのだが、この時に膣がぎゅ~っと締まる。

気持ちよかったのでそのまま中だし。

このままだとまずいので、抜かずの2発目をお腹の上に発射した。

そのまま抱き着いてきた薫がはげしくディープキスをしてきたので応じ、体を離したかと思ったら俺のチンコにしゃぶりついてきた。

 薫の愛液と俺の精子がたっぷりついたチンコを丁寧にしゃぶってくる。

15分ぐらいフェラされて、再起した俺のチンコ「入れてもいい?」と言われ頷くと薫は俺の上に跨って、腰を振り始めるとすぐに逝ってしまった。

 少し休んで、またフェラして挿入してを何度か繰り返し…行為は3時間ぐらい続いた。

「すごいね、そんなにセックスしたかったの?」

「うん、もう6年ぐらいレスなんだもん」

「え~そんなに?オナニーは?」

「しないよ」

「よく耐えてたね」

「もう限界だったから、男の人に体触ってもらおうと思って…」

「で、エッチもできればって?」

「エッチは本当にしないつもりだった、私、こう見えても男性は主人しか知らないし、子供とか出来ちゃったらまずいじゃない」

「なるほどね」

「じゃあ、何十年かぶりに他の男とセックスしたんだ」

「ちがうよ」

「え?浮気してないんでしょ?」

「私の生涯の2人目の男性はあなた」

「あ、そうなんだ」

「何も知らない男と…いいのかな?」

「こういう成り行きも有っていいんじゃない?」と言って覆いかぶさると薫は目を閉じた。

 キスをしながら前戯もなしに少し乾いた薫のあそこにチンコを突き立てた。

挿入すぐに喘ぎ声をあげる薫はすぐに体をのけぞらせていってしまった。

俺は薫の腹に本日3回目(4回目だけど)の射精をした。

 あれから半年たった今も薫とは月に2,3回逢瀬を重ねている。

さすがに彼女の地元のホテルはいまだに無理だが、地元の駅近くの車内や観光名所的な場所でのキスは平気になってきた。

人けのなさそうなところならばフェラもこなせる。

 まあ、周りに人はおじさんおばさんのキスなんて見たくはないと思うけどね。

40を過ぎてから再開花した薫は、素材として面白いのでこれからもしばらくこの関係を続けようと思っています。

真夜中女子会ちゃんねる
ヤリマンの出会い系体験!ブサメン男とSEX

おすすめ記事