リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

熟専の出会い系で会ったおばさんと対面座位でカーセックス

週末の休みに日に、デートする彼女もいないし、でもムラムラしてきたので、熟専の某出会い系サイトのポイント残があったので、使ってみた。

そんで、メッセージ入れて朝一からメールのやりとり。

小一時間で2~3人とやりとりして、38歳(年齢ちょい不満、四十路か五十路の高齢熟女が好きなんで)とHする事に。

華奢いの好きだし、普通のおとなし系の専業主婦ということと、大人のおもちゃも快諾、此方まで来てくれると条件はよかった。

それに2でOKというので、安さもあって、どんな援交熟女が来るのかワクワクしてたw駅のロータリーで待ってると、黒のワゴンR登場。

向こうから降りてきて当方の車の窓を覗き会釈してきた。

ゲッ!顔は想像とかなり違う。

好みではない。

黒髪ショートで四角顔のイカツイ感じのブス熟女wさらに眼鏡おばさんとは。

ここまで来たら仕方ない。

彼女の車に乗ってホテルへ行くことになった。

世間話と少しの下ネタ話をしながら彼女のミニスカが気になる。

信号待ちでちょっとお触りとふざけてみたら、足を広げてくれておまんこ攻撃。

パンストの上からでも柔らかさが伝わる。

でラブホテルにイン。

玄関でいきなり抱きしめてベロチュー。

そしてブスさいくな熟女のミニスカの中に頭突っ込みナメナメ。

我慢できなくなって、パンスト、パンツ下ろしておまんこ直舐め。

チーズ系の臭マンコw陰毛ボーボーでチーズ臭のする愛液で既におまんこはヌルヌル。

ペニスを出して、後背位で挿入する直前に「ゴムしてね」の声。

ブサイクなババアの癖に、ゴムありかよと、元々タイプな熟女じゃなかったので、急に冷めてしまった。

そんで、Hするのやめちゃったよ。

それからあたらめて、世間話に。

それが意外と盛り上がってしまい、時計みたら11時30分。

当方昼に一時帰宅しないといけないから、結局エッチせずに終わり。

2のところ1でいいよと言われて助かった。

というか1でも勿体無いかHしなかったし、結局臭いおまんこ嗅いだだけで一万・・・馬鹿みたいな話だ。

このおばさんは、某大手のスーパーでレジパートしてるようで、来週の今日、今度はちゃんとやろうね、とかわいいお言葉。

でもタイプな熟女じゃねえし、それに既にチーズ臭いマンコも観たし。

でもおっぱいも観てないしセックスのリアクションも見てないし、今度はちゃんとSEXしてみよかなって気になってきた。

でも俺は生派だから、ゴムつけてねって言われると覚めちゃうんだよなーなんて思いながらラブホを出てブスなババアの車に乗った。

そしたら、帰り道に「出さなくて我慢できるの?、少し舐めようか?」ってお言葉に甘えて、車庫式の駐車場に一時停止。

車の中で「じゃあフェラでごっくんしてくれない?」とお願いしてフェラチオしてもらった。

中途半端にラブホで前戯だけ済ましてたので、俺のペニスは射精したがってたようだ。

5分も経たずに一発目のザーメン放出。

そして、「挿入したいなぁ~」っておばさんに甘えてみたら、「しょうがないねぇ~」って感じで生姦w後部座席でお互い愛撫し、おばさんと対面座位で生挿入。

なかなか締め付けもようくで、それに援交おばさんの腰使いも凄くて、イク瞬間に抜いて、腹射した。

俺は満足したから、「そろそろ行こうか」って促すも、なんかおばさんのが物足りないみたいで、無理やりフェラチオされて勃起させられた。

狭い車内でのカーセックスで、また対面座位でババアが滅茶苦茶エロい腰使いみせながら、体を痙攣させながら絶頂するのを見届けてから俺も3発目の射精。

これじゃどっちが奉仕しているのかわからないけど、まぁとにかくこの出会い系で知り合って四十路一歩手前の熟女と三回もSEX出来たらよしとするからな。

真夜中女子会ちゃんねる
金持ちのフリして愛人募集してみたwwwwwwwwwwwww

おすすめ記事