リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

出会い系サイトを使って素人の女子大生を確実に堂々と複数回タダマンする方法を考えた

出会い系サイトを使った斬新なテクニックを思いついたのだそれは!

「素人の女子大生を確実に堂々と複数回タダマンする方法・テクニック」

堂々とってんだから、圧倒的にこちらが優位な立場で、だ。

何人かの試しを経て、ようやく人に伝えるられるテクニックに達した。

この方法を読者の為に書き残しておきたいと思う。

この方法、たとえブサメンだろうと関係なく使える。

こんなヤリ方を編み出した俺は、正直、天才だと思う。

ウソだと思うなら、回れ右して帰ってくれてかまわない。

でも、ちょっとでも興味があるなら、この方法を使ってバカ女どもに世間の厳しさを教えてやってほしい。

簡単な流れを説明すると 1.女子大生に長期での援助を申し出る。

(パパになってあげるということ)2.相手が興味を示したら、こちらとの面接を受けるよう促す3.面接する。

(ここでする質問&トークが一番重要)4.お試しエッチに持ち込む。

(面接でその下地を作っておく)  5.援助することをエサに後日もう一回エッチする。

6.フェードアウトものすごーくおおまかに言うとこのような感じだ。

まず、この方法を実践するにはいくつかの条件がある。

まず相手の女子大生の条件は以下のとおりだ。

どんな子でもヤレるというわけではないから注意してくれ。

優先順に列挙する。

・当然だが、こちらとは全く接点のない赤の他人であること・授業料や生活費に苦労している(奨学生は特に狙い目!)・SNSや出会い系サイトでプロフィールを公開していること もしくは、パパ募集をしていること・就職活動中であり、内定をまだもらっていないこと要は、経済的に困っている子って、ことだな。

特に「就職活動中」は、採用試験や企業面接で、相手企業の都合に合わせなくてはならないため、通常のアルバイトなどはしにくくなり、お金に困ることが多くなる。

スーツやらバッグやらも必要になるし、他県の企業なら交通費もバカにならないそこにつけ入って、長期的な金銭的な援助をちらつかせるのだ。

次に、こちら側の条件だ。

これに当てはまらないなら、残念ながらこの方法を実践することは難しい。

これまた優先順で。

・パパになろうと言うのだから、ある程度の年齢に達していること 20代前半ではキビしいだろう。

老け顔なら別だが・それなりに小綺麗な身なりができること 服装はスーツで良いが、ヨレヨレテカテカでは説得力がない。

 ポケットチーフくらい入れろ。

リッチな男性を演じる必要があるのだから・ある程度の演技力、トーク力 相手に見透かされず堂々と交渉・説得することが重要だ 人前で喋れないとか、しどろもどろになるようなキャラでは難しい・クレジットカードを持っていると、こんな感じだろうか。

これらの条件が整えば、ほぼ100%、2回タダマンできる方法がある。

冒頭にも書いたが、「圧倒的にこちらが優位な立場で」だ。

この「優位な立場で」というのがたまらなく興奮する。

マジメそうな女子大生が、金の為に何でも言うことを聞いてくれるんだから笑えるぞ。

生ハメ、中出し、アナル舐め、撮影も自在だ。

ここまで書いて思ったが、かなーり長くなりそうだ。

核心まではまだまだ遠い。

我ながらよく研究したもんだ。

ちょっとした情報商材レベルの内容になりそうだわ。

必要な小道具の用意の仕方とか、トークの流れとかちょっとしたコツがいるからな。

いかに金を払わずに相手を信用させるかもな。

でも、年齢と服装の条件さえクリアすれば、誰にでもできるもんだぞ。

とりあえず昨日の戦果。

22歳、色白美巨乳モデル体型、黒髪ロングの美形女子大生。

私学に奨学金で通う教育学部生。

まじめですごい気の利くイイ子だった。

風呂では手で全身を洗ってもらい、ベッドでは俺のアナルを舐めさせ、舌をアナルにねじ込んでもらった。

その後、生挿入からの無断中出し。

次回は撮影もOKとのこと。

おっと、今日の面接予定の時間が近づいてきた。

今回の女性は大当たりで美人

おすすめ記事