リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

ヘルメットフェチな私の不倫関係

私と彼の年齢の差は20歳です。

彼とはあるサイトで出会いました。


はじめ私は、メル友を探していたのですが・・・。

彼とメールで何回か話している内に彼が「仕事帰りに食事でもしませんか?」などと何回も誘って来ました。

彼と私の住んでいる所は、神戸と奈良で、直ぐに会える距離ではなかったので、私は本当にメル友だけの関係を続けようと思っていました。


彼と毎日、メールで話をしていました。

でも彼はいつしか、「私に会いたい」「抱きたい」と強く言って来ました。


私は凄く悩みました。

身体の関係は持ちたくないと思っていたから・・・。

私は15年付き合っている彼が居るので・・・。


でも、私の彼は仕事で埼玉県に住んでいるので、会いたい時、会えない・・・。





けど、私は埼玉県に居る彼を心から愛しているし、浮気なんかしたら、心がずっと罪悪感に打ちのめされるに違いないと、自分自身、確信していたから・・・。

でも、愛してる人に会えないと、毎日が寂しい気持ちでした。


そんな時、毎日楽しくメールしてお話出来るメル友を探していて、20歳も年上の彼とサイトで出会いました。

彼は既婚者でした。

彼は、私の理想とする職業(建築関係の仕事)に就いていました。

私は、ヘルメットフェチなんです。

工事現場で働く男性に心を惹かれます。

男性らしく、女性にはマネの出来ない仕事だからです。


心の中では、素敵な男性に出会えるかも・・・と嬉しく思いました。


そして約1ヶ月ほど毎日彼とメールでお話しました。

話している内に意外と年齢の差を感じなく、楽しく話が出来ました。

やっぱり彼は、「食事でもしたい」「会いたい」「抱きたい」と毎日のように言って来ました。

私は真剣に会うべきなのか?・・・と悩みました。

本心は、どんな人なのか?会ってみても良いかも・・・と思っていました。

彼は私とのメールのやり取りで、私の事を好きになった、愛していると言って来ました。


もう1度考えました。


そして、自分自身に結論が出ました。

彼と会う事を心に決めました。

そして、彼に私の心を言いました。

ついに、メル友の彼と会う日を約束しました。

6月10日に決まりました。

段々と会う日が近づいて来ました。

心は、やっぱり会うべきなのか、会わないべきなのか・・・と、葛藤していました。

そう思っている内に・・・会う日が来ました。


初めて会う場所は、あるホテルの近くで待ち合わせです。

何故、いきなりホテルかと言うと、私は彼に素直に抱かれようと決心していたから。

彼も、そう望んでいたから。

彼と初めて会って、ホテルの部屋に入りました。

ラブホテルなのにシティホテルのような落ち着いた雰囲気の良い部屋でした。


彼はいきなり私の唇を奪って、服を脱がせました。

先にシャワーで綺麗に洗ってから・・・と思っていたのに・・・。

私は彼のされるがままに身を預けていました。

彼はかなりのテクニシャンで、彼の大切な所は、凄くたくましくて・・・。

経験豊富な人みたいで、大切な所は、真っ黒に光っていました。


今は黒ちゃんと呼んでいますが・・・。


黒ちゃんは、私の膣に勢いよく入って来ました。

硬くてたくましい黒ちゃん・・・。

私は直ぐに頂点に行ってしまいました。

凄く気持ち良い感じで、直ぐにまた行きたいと感じました。


彼の武器は黒ちゃんだけではなく、左右の中指もありました。

中指は第一関節からくの字に折れ曲がっています。

その折れた部分が私の膣の感じる所に当たれば直ぐにエクスタシーに達してしまいます。

こんなに感じた事が無かったせいか、直ぐに行ってしまいます。

何度も何度も行ってしまいました。
出会い系のオヤジにやり逃げされた

おすすめ記事