リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

女2人の旅行先でハメを外しました

 美佐子さんと二人で、旅行に行きました。

美佐子さんは派手で、私はどちらかというと地味なタイプです。

久しぶりの旅行で解放感もあってお酒もいただきました。

美佐子さんと二人で、ロビーにいると20代の男性3人がが、美佐子さんに声をかけてきて、5人でソファーに腰かけて話をしていました。

 美佐子さんには二人が付き私にも一人が横に腰かけてきました。

美佐子さんの様子を見ていると、二人の男性に手を回し、男性二人も美佐子さんを触っているように見えました。

そのうち、私の横の男性も、脇に手を回して胸に触れてきます。

 そのたびに体が反応して「感じやすいんですね。」


言われてとても恥ずかしい思いをしました。

美佐子さんは手を握り合って、二人の男性が密着しているようです。

「弥生先に部屋に帰るね。」


二人の男性もついていきます。

「えっ。

まさか3P。

凄い。」


私の頭はそのことでいっぱいになりました。

二人きりになると彼は、私の手を彼の股間に持っていきました。

すごく大きくなっています。

相変わらず、胸を触ってきます。

美佐子さんのことが気になってされるままにしていました。

 彼女たち部屋を使ってるだろうから僕の部屋においでよ。

このまま帰ってくるまでロビーにいるわけにもいかず彼の部屋についていきました。

今頃美佐子さんは…。

彼の部屋に入ると私に抱き付き、浴衣を開いて、ブラを押し上げて吸い付いてきました。

手がパンティーの中に入ってきてゆっくり揉みだします。

 その間に、浴衣もブラもパンティーもとられ、裸にされて69でお互いを口で愛撫し始めました。

その時、ドアが開いて、彼達が帰ってきたんです。

キャッ。

彼はやめようとせず、愛撫を続けています。

どうした。

早かったな。

だめだよ彼女。

硬くてうまくあしらわれたよ。

 うまくやったな。

向こうの彼女のほうができると思ったのに、えっ。

美佐子さん、何にもしていないの。

私の早合点だったんです。

私の周りに座った男性が横から手を伸ばして私の胸やお尻や股間を触ってきます。

 いやっ、やめて、今更いやはないでしょう。

こんなになっているのに。

濡れた股間に指を入れて激しく擦りあげます。

ううううっ足を大きく広げられ最初の彼が入ってきます。

ひいっ中出しするなよ。

わかってるって。

私のおなかの上に射精しました。

 次は俺の番な二人目が入ってきます。

3人目の彼が私の口に含ませようと顔を横に向けてきます。

もう声も出ません。

3人目は、私を四つん這いにさせて、バックからしてきました。

さあ尻を振って。

両脇からお尻を叩くんです。

 3人が済んだ後もさんざんおもちゃにされました。

開放されたのは2時間以上が経っていました。

部屋に帰ると、美佐子さんが休んでいて遅かったねと言うだけです。

部屋のバスルームを使い体についたザーメンを洗い流して休みました。

真夜中女子会ちゃんねる
AV制作会社に勤めていると、時にはすごい美味しいことがあります

おすすめ記事