リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

電車の中で超美人の女の子からまさかの逆ナン、しかし良いことばかりは続かない

電車に乗ると、可愛い女の子2人が座っているのを発見したんです。

どうせ座る座席ないし、立つなら可愛い女の子の目の前に立って、チラチラ見ながら、目的地まで楽しむ事にしたんです。

男の心理として電車に乗るひと時位は、いい女が近くに居ないか探したりする。

何をするわけではないのだけれど。

自分が座っていて、逆にジーンズの女が目の前に立ったりすると、しばらく見て、目を瞑り、こんな裸だろうと想像しながら、非常に強い念力を送ると、時々モジモジしたりして通じることがある。

くだらないと思うかもしれませんがそれだけ、「やりたい!」という殺気が発散しているのかも知れませんね。

そして目の前で可愛い女の子達2人は、あーでもない、こーでもないと話し始めた。

話しすると自然に聞いてしまうのも性ですね。

電車の混み具合が落ち着いてくると、彼女らは彼氏と会ってどーしたとか男の話になってきた。

きれいな女だ、このヤロー。

心の中で毒づく。

「凄い指の動きでね、目の前がボーッとしてきてね」何言ってんだ?下ネタか、オイ!「もう我慢できなくなってね。

早く入れてよ!って!昨日は凄かった。

彼氏もいつもより激しくて」私は、馬鹿か!と思いつつ、激しく勃起した。

女の子達は私を見ないが、明らかに私に聞かせている。

さらに勃起して、目の前の女でもすぐ判るくらいだろう。

お前らがそんな話しをするからだ。

女の一人は降りて、しばらくすると、目を合わせてきた。

ドキッ!超きれいだ。

肌が白人みたいに白く華奢に見えるが、現代的にも見えるから地味ではない。

「お兄さん、話聞いてたでしょう。

興奮した?」

「えっ、からかうんじゃないよ。

こんなになるじゃないか。」


股間を指差す。

「すごい、お兄さん、ヒマ?」

「休みだけど・・・ウチ近いから来るか」

「はい。」


なんだこの展開・・・こんなにすんなりは、家出娘と〇〇した以来じゃないか!・そして、私はこの誘惑には逆らえるはずもなく・・・それにしてもきれいだ。

こんな綺麗な女の子が、あんなHな話をして、逆ナン?とでも言うのだろうか。

あれ?俺今逆ナンされてる?ってあまりのハプニングに少々パニクってしまった。

「わざとあんな話ししたのか?」

「そう。

お兄さんを見て、直感ですてきで、「強い」と」

「本当かよ。

そんないい男でもないだろう。」


「いやいや。

パッっと目について、とにかくジーンと来る位だったよ、「アソコが」そう言われると、まんざらでもないし、嬉しい。

家に着くと、「いい所に住んでますね。

きれいにしてるし。

いいじゅうたん。

ギターやるんですか!」彼女の目が私の愛器、「フライングV」に目が行き輝く。

好きなのか。

「きれいで、大きいですよね。」


「弾いてやるか、となり居ないし。」


マーシャルのアンプを強めにして、弾きまくった。

「あー凄い。

上手!!本当にマイケルシェンカーみたい!」

「君の年でマイケル知ってるなんて。

普通はジャクソンだろう。」


嬉しくなった私は、ギターを股に挟み、立てて真似をした。

泣かせた。

彼女の目がトロンとしている。

ギターを下ろし、今度は彼女を抱く番だ。

キスをした。

手馴れている。

巧い。

吸い付くす。

可愛い服を脱がしていく。

パンティーのクロッチの部分がはっきりと濡れている。

触ってみる。

冷たい。

「あっ!」触っただけで体が大きくびくつく。

濡れた所をさらにほじるように、沈ませる。

あとからあとから滲んでくる。

指を舐める。

しょっぱい。

ポテチのような味だ。

女によって様々だ。

オッパイを出すと、小ぶりだが、肌が白いだけあり、乳首が驚くほどきれいだ。

北欧のような美女のようだ・・・指でギターのように弾くと、「ナニコレ。

凄い。

お兄さんの指、本当ヤバイ。

長くて、筋がセクシー。」


「ギター弾きの手と、空手家の手はそういう手なんだよ。」


いつの間にかチンコが出され、「ほら、私の思ったとおり素敵なオチンチン。

げんこつ二個でも足りない」俺のペニスを舐め始める。

若いのにこの巧さは何だ。

頬を凹まし、唾の量、舌使い完璧じゃないか。

しばらく舐められてると逝きそうになるので、腰を引いた。

パンティーを下ろす。

スリムな体だが、骨盤のラインが張り出して、エロい体だ。

吸い付く。

指を入れて、早弾きのように叩きつけると、叫びと共に潮が飛び散る。

濡れたヒダが厚ぼったくなって、黒っぽい赤色になる。

口で引っ剥がすようにする。

軽く咬む様に。

彼女の震えが止まらず、逝ってしまったようだ。

濡れやすいタイプ。

ベットのマットレスが彼女の潮で濡れている。

細かいことは言うまい。

以前、えらい臭いマンコの女を逝かせ、シーツがびしょぬれて、「くさや」の匂いが1ヶ月取れないのは辟易した。

セックスしてても濡れ続け、いいセックスした。

自分の女にしたいくらいで、その後、もう一人の友達ともやりました。

が。

何日かすると、猛烈なかゆみが。

やられました。

これが噂の性病でしたか!血も出ました。

頭がおかしくなぐらいかゆみです。

美人な女の子の逆ナンされ、Hしていい気になってたらこれですよ。

いい事ばかりでないのを身をもって知った私です。

真夜中女子会ちゃんねる
妻と近所の男の子の3人で公園に行った時の話

おすすめ記事