リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

前立腺マッサージがエロすぎる人妻風俗嬢

20歳になる大学1年です。

そんな僕には2歳年下の彼女がいます。

彼女はまだ高校生で週末以外は電話とメール。

週末も部活をしていて滅多に会えず、彼女とセックスしたのは3回。

彼女はあまりセックスが好きではないようで、ウブ過ぎてフェラチオもしてくれない。

お互い実家だし、いつもエッチな雰囲気になるとかわされてしまう。

結局、彼女に見てもらいながらオナニーして処理していました。

お互いすれ違いも多く、3週間位会えなかったので性欲がMAXになり、友人の体験談を聞いて興味を持った人妻風俗に行くことにしました。

初めての風俗でめっちゃ緊張しました。

接客してくれたのは人妻風俗嬢のあけみさん(35歳)。

僕を見たとき、「えっ、学生?こんなイケメンがこんなとこ来て私でいいの?」と聞き、何度も「君みたいな子、初めてで緊張しちゃう」と社交辞令を言って和ませてくれました。

いつもはおじさんやおたくっぽい客ばかりだそうで、「今日はラッキー!」と言っていました。

あけみさんは、「時間なくなっちゃうから」とすぐに僕を裸にしました。

パンツだけになった時に、すぐにオチンチンの硬直を察し、「すごいっ!」って笑ってました。

そして上目遣いに「しゃぶっていい?」って聞かれ、僕はそれだけで射精しそうになりました。

彼女はフェラしてくれないし、僕のオナニーを見るとき以外は暗くしないとエッチできないので、明るい場所でオチンチンをペロペロしたり、咥えてるのを見ただけで本当に来てよかった思いました。

もちろん、そのフェラで即射精(5分位でした)。

その後、あけみさんはお風呂でクンニの仕方を教えてくれました。

お風呂から出ると、「じゃあ、2回目。

私の舐めてくれたお礼」と言いながら、四つん這いにされ、両手で僕のお尻を広げてアナルをベロベロ舐めてくれました。

指を入れられそうになり、さすがにびっくりして腰を落とすと、「こっちは初めて?」と聞かれ、「はい」と答えると、「犯したいなっ」とエロい顔。

すると僕の反応を察してくれて、「時間なくなっちゃうか」とアナル攻めの前立腺マッサージ。

「ほんと可愛いねっ」と僕をまじまじ見てくれて、「あけみさんも僕のタイプです」と言いながらマンコを触ると超濡れていました。

「指入れて!」言われるままにクチュクチュかき混ぜていると、僕を押し倒して入れちゃいました。

「内緒だよ」と言いながら超グラインドの腰使い。

あっという間に射精を迎え、「出ちゃいます!」と言うと、「もうちょっと、頂戴」とエッチな腰使いで上下にクチュックチュといやらしい音が響きました。

もう我慢できなくなり、「あ・・・ああ~」と情けない声を出していると、すかさずマンコから抜いて、「はぁ、はぁ~、気持ちいい、何?また出ちゃうの?」とアナルを攻めていた時の顔で僕のオチンチンを上下に激しく握っていました。

「イッていいわよ。

見ててあげる、若いから飛ぶのよね!」ツボを得た手つきでしごかれました。

「あっ!」噴水のような射精を見て、「すご~い」と感想を言った後、愛おしく僕にキスしてくれました。

もちろん、オチンチンも綺麗に舐めてくれました。

(人妻はすごい!)と心から感動しました。

その翌月、あけみさんに教えてもらった通りのクンニを彼女に実践しました。

「超エロいよ、もういいよ」と言われながらも舐め続けました。

高校卒業までに彼女をエロい娘にできるでしょうか?彼女の名前は真理で、クリトリスが性感帯です。

ちなみにあけみさんと会ったのは池袋の人妻店。

彼女もあけみさんみたいなエッチな娘に育って欲しいです。

真夜中女子会ちゃんねる
エッチにハマって不倫セックスに没頭!

おすすめ記事