リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

上司の妻(社長令嬢?) 

先週、翌日の経営会議資料を課長と詰めるため、日曜出勤を命ぜられた。

課長は社長の娘婿で、僕より5つ年上。

日曜日の朝早く電話でたたき起こされ、「今日は急用が出来たので、ざーっと資料の目通しと訂正を頼む」との課長からの電話だった。

課長がこないならと近くの喫茶店で軽く朝食をとり、押っ取り刀で何時もの社長室(社長室しか個別冷房がない(笑))へご出勤。

5時からは彼女とデート・・。

ざーっと資料に目を通し(笑)、補足資料の点検/再整備、手持ちデータのチェック・作成と、順調に進み、さて、社長の椅子に踏ん反り返ってnetのHサイトを見ながらコーヒーにたばこで一服・・その時、社長室の扉が開き、小柄な課長のの奥さん(27才僕と同い年、一応社長令嬢)が入ってきた。

慌てて、社長の机から足を下ろし、PCの蓋を閉じる。

「アッジー、チッチ・・・」コーヒーが膝に・・「どうしたの?慌てちゃって・・仕事もせずにHサイトでも見てたんじゃーないの、フフフ」(ドキー)「一休み、一休み!、ところでドウシタノ?」

「ん~、ごめんね、お父さん今日ゴルフだったの、でも一人行けなくなって急遽主人が・・、Tさんだけに仕事押し付けちゃって、申し訳ないからお昼持ってきたのよ」可愛いとこ有るね(笑) 二人は他愛の無い話をしながら昼食を共にし、Hサイトを覗いてたとき、「Tさん、隣の部屋に入ったことある?」

「・・・」

「入ってみようか?」と可愛い瞳が怪しく輝く・・社長の引出しから一つの鍵を取り出し秘密の部屋に。

そこにはソファーベッドとタオルケット。

奥さんは、体に似合わない豊満なバストを押し付け、僕にぶら下がるように唇を求めた・・僕は奥さんを抱え上げるように舌を絡め奥さんを吸い転がす。

小振りだが弾力のあるお尻を抱え揉む・・やがて奥さんは息を荒くしベッドへ倒れ込む。

僕は奥さんの白いうなじに舌を這わせ、洋服を一枚ずつ剥いでいく。

奥さんは僕の股間に手をやり、ベルトを外していく・・。

やがて二人は生まれたままの姿で抱き合い絡み合い舌を這わせあった。

奥さんは僕のチンポを口に咥え嘗め回し、僕はクリトリスを舌先で転がし、オマンコに指を入れかき回す。

軽くクリトリスを齧ると体を震わせ声を上げ、咥えたチンポに歯を立てる。

幾度かの高揚の後「入れて・・早くいれて」と甘く切ない声を出しながら尻を振る・・(お嬢様の言う事なんか聞いてられない)かまわず両脚を大きく開き尻を開き、舌をクリトリスからオマンコへそしてアナルへと這わせ尻を揉み、アナルに舌を入れる(ちょっと苦い)奥さんはまだチンポを咥え挿入を要求する。

奥さんのアナルが愛液と唾液で濡れ溺れた時、指を挿入「イタッ・・」奥さんは怒ったのか僕を仰向けにし睨み付けた。

硬く大きくなったチンポを握りしめたまま僕を跨ぐと、チンポをオマンコにあてがい息を止め腰を下ろす。

奥さんは挿入をオマンコで確認しゆっくり息を吐き、僕を見下ろし微笑む。

奥さんは最初は腰をゆっくり動かし楽しんでいる。

高揚した奥さんの顔、乱れた髪を見上げ、豊かな乳房を揉み乳首を摘まむ。

やがて野獣のように髪を乱しい激しく腰を振り声を張り上げる「あーーいいーーうう・・・」僕も負けない、今にも爆発しそうなチンポを奥さんを串刺しするように下から突き上げる。

何度も何度も激しく深く、浅く・・「グチャ、ペチャペチャ、グチャグチャペチャ・・・」奥さんが腰を上げ、僕が腰を引くたびに、愛液がチンポを滴り流れる。

やがて僕のチンポが大きく脈打ちビクビク、ピーッ、ドックンドック・・奥さんも体を仰け反り震わせ僕の精液を受け止め、声を上げ痙攣と共に僕の胸に体を預けた。

汗に湿った髪を撫ぜ、優しく肩を抱く。

一時の静寂。

やがて奥さんは息を吹き返し僕の胸に唇を這わせ乳首を舐める。

僕は腰を動かし、精液と愛液に満たされたオマンコを優しく突き愛撫する。

何気なく壁の時計に目をやると「3時」・・えー、3時!。

チンポを挿入したまま奥さんを抱き起こし「奥さん3時ですよー!」奥さんは僕の膝の上で数度腰を動かし、ニッコリとキスを求め・・あ~また、大きくなっちゃうー・・奥さんは、大きく腰を落とし僕のチンポ全部をゆっくり咥え込むと、膝から降り愛液と精子でベチャベチャになったチンポを美味しそうに舐め、奇麗にしながら、「火曜日のパーティ、Tさんも来るんでしょ・・・楽しみにしてるわ」

「???」・・「でも、大丈夫なの、中出しなんかして・・」

「TさんO型でしょ、私も主人もO型よ」 ?そういうことと違うだろ!奥さんは手早く身繕いを済ませると、秘密の部屋を片づけ、何事も無かったかのように帰っていった。

僕はといえば、仕事の続きをする気も失せ、適当に片を付けると、何となく中途半端な欲求を抱えまま彼女の待つ喫茶店へ・・。

彼女とは当然ホテルへ。

極めてノーマルにコンドーム着装のうえ、アリッタケノの精子を放出!!!月曜日の朝、課長に会議資料の訂正・加添を報告し、いざ会議へ・・・会議は何事も無く終了したが、社長に呼ばれ「T君、明日の予定なにか入ってる?」

「夜、社長のパーティが・・」

「昼間は?」

「いいえ、企画会議も有りませんから・・」

「じゃー、明日一日、すまないが娘に付き合ってやってくれ、たのむよ」

「!」・・・人妻も良いけど、僕の人生これからどうなるの??
真夜中女子会ちゃんねる
夕立ちがもたらした美人妻とのカーセックス

おすすめ記事