リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

交通事故示談交渉から成城に住む人妻セレブと

交通事故示談交渉から成城に住む人妻セレブと 友人のRさんから電話が来た。

 いつものように飲み会の誘いかと思ったら、「まるちゃん、先週交通事故にあっちゃって、相談にのってくれない?」 Rさんは、以前住んでいたマンションのお隣さんで、浅草のデパートに勤める気の良いオバサン。

 早速会って、事情を聞いた。

駅前の交差点で、青信号の横断歩道を歩いていたら、左折してきた車にぶつけられたとのこと。

・加害者は成城に住む35才の奥さんSさん。

・車は赤のベンツ。

・過失を全面的に認めている。

・警察には届け、事故扱いは済んでいる。

・示談で済ませ、補償がしたい。

・ご主人には内緒にして欲しい。

・事故後、病院に行き検査を受け、ムチウチで全治3か月。

 3日後、Rさんからの委任状を持参し、加害者のSさんに会い、交渉することにした。

成城学園の喫茶店でSさんに会った。

 小柄で美人、清楚で見るからに知的で、えくぼが可愛かった。

黒木瞳みたいな女性だ。

 とはいえ、交渉相手だ。

「現行の道路交通法上、貴方のしたことは弁解の余地がありません」

「はい」

「青信号の横断歩道を渡っていたRさんに過失は全くありません」

「はい」

「つまり、100対0ということになります」

「覚悟してます」

「民事提訴した場合、貴方は100%負けますがどうしますか?」

「示談でお願いしたいのですが」

「提訴した場合、判決次第ですが、後遺症補償を含め、慰謝料は100万円、弁護士を立てる必要がありますので最低で50万円。

敗訴は確実ですから、訴訟費用の負担を考慮すると、200万円位かかりますね」

「そうですか」

「あまり、不服な感じには思えませんが」

「お金で済むなら受けます、早く決着つけたいんです」 今一度、事故の状況をヒヤリングした。

「なんとなくむしゃくしゃし、車を出した、交差点で止まったが、青になった途端発進してしまって、Rさんをひっかけてしまった」 成城の自宅には家政婦さんもいるセレブ、なぜ、自分でハンドルを握ったのか? ご主人は大手製薬メーカーの役員、秘書時代に求婚され結婚したそうだ。

「今後のRさんの治療費と諸経費を考慮して算定します」

「はい」

「後遺症補償は軽度と思われるので、示談金は総額で120万円でいかがでしょうか?」

「わかりました」 Rさんに120万円を支払うことで決着した。

僕は、成功報酬としてRさんから25万円もらうことになった。

 示談書と現金のやりとりのため、Sさんを呼び出した。

 新宿のレストランにSさん(里美)が来たのは、5日後の昼さがりだった。

 書類と現金のやり取りは無事終了した。

里美の健気さが妙に不思議だった。

里美は不幸な人生を選択している。

「ところで、里美さん、貴方は現在の生活に満足されていますか? 十分な収入と上流階級のご主人、家政婦さんもいて、何不自由ない生活ですね」

「そんなこと言われたのは初めてです」

「ご主人とは満足な生活されていますか?」

「考えたこともありません」

「ご主人とのセックスに満足されていますか?」

「もう、何年もありません」

「それは、いけませんね」

「仕方ありません」

「これから気持ち良いセックスしませんか?」

「無理です、なに言ってるの」

「里美さん、綺麗なんだからもったいない、セックスしましょう」

「そんなことしたら破滅よ」 それでも里美はなかなか己を壊さなかったが、「里美さん、君はもっと大胆になるべきだよ」

「主人が怖いわ」

「乗りだそうよ、思い切って飛び出そうよ」

「怖いの、できるわけないでしょ」

「このまま、今の生活を続けるのかい」

「それもそうだけど」

「とりあえず海でも見に行きましょう」

「わかりました」 ビールとつまみを買い、小田急のロマンスカーに乗った。

車内でいろいろな話をした。

里美は徐々に明るくなっていった。

 小田原で乗り換え、熱海に行った。

手をつないで海岸を散歩した。

「セックスする気になった?」

「そう直接的に言われると」

「里美、君が欲しい、一緒に快感を味わいたいんだ」

「まるさん、本当なの」

「本気だよ」 里美は家政婦に電話をした。

 海辺の高級ホテルに投宿した。

部屋に入って、窓から海を眺めた。

抱きしめてキスをした。

 明らかにぎこちない。

 里美は本当のセックスを知らないことが、容易に推測できた。

「いいかい里美、セックスは頭を真っ白にして、獣のように交わるんだよ、恥じらいやプライドを捨てて淫乱に絡み合わないと、皆そういうセックスしてるんだよ」

「頑張ってみます」

「じゃあ、オッパイ吸ってって言ってごらん」

「う、ううう、オッパイ吸って」

「チンコしゃぶりたいって言ってごらん」

「チンコしゃぶりたい」

「オマンコなめてって言ってごらん」

「言えません、恥ずかしいわ」

「いいから、言って」

「オマンコなめて」 脱がせっこし、全裸になった。

 小さなオッパイ可愛い乳首と小さなヒップがあらわになった。

キスをしながら全身を愛撫した。

「もっと、舌を絡ませて、もっと吸って」 里美の緊張が少しづつほぐれてきた。

 ベットに倒し、オッパイをしゃぶった。

「気持ち良いだろ」

「あーー、うん」 相当感じてきたみたいだ。

 マングリ返しにしてオマンコを入念になめた。

「里美のオマンコ美味しいよ」

「ありがとう」

「里美のオマンコなめてるところを見てごらん」 里美は素直に見た。

5分くらいでイッテしまった。

 里美も正常な女だ。

今までろくなセックスしかしていなかっただけだ。

 ベットの上に仁王立ちした。

「俺のチンコしゃぶって」

「はい」

「両手は後ろ、狂ったようにチンコしゃぶって」 気持ちいい!「里美のオマンコにチンコ入れて」って言ってごらん。

「ささ里美のオマンコにチンコ入れて」

「スケベな里美のオマンコにチンコぶち込むよ」 じっくりと挿入した。

 しばらくキスしたまま動かないでいた。

「腰振って欲しいか?」

「振って」

「里美のオマンコの中を突いて欲しいか」

「して」 激しく腰を振った。

結構大きな声を出していた。

 発射寸前に抜いて、里美の顔にザーメンをぶっかけた。

「どうだった? 俺とのセックス」

「初めてよ、こんなに感じたのは」

「あとでまたしようね」

「喜んで!」 商店街で下着とゴムを調達し、魚介料理店で夕食を取った。

「里美のセックスとっても良いよ」

「お世辞でしょ? 胸も小さいし」

「いや、胸の大きさなんか関係ない、十分自信持っていいよ、すごい快感だったよ」

「ありがとう、思い切って来て良かった」

「本来男と女は激しく求めあう動物だからね」

「今まで経験なかったから」

「ご主人は罪な人だな」

「たぶん浮気してると思うけど」

「ホテルに戻ったら、もっと気持ちいいセックスするからね」 ホテルに戻り、大浴場に行った。

 俺は先に部屋に戻り、Rさんに電話した。

「示談の件、完全に終わったよ」

「まるちゃん、ありがとね」

「今、里美さんと熱海に来てるんだ」

「えっ何それ」

「もう一回して、これから第2ラウンドさ」

「困った人ね、報酬カットね」 しばらくして里美が戻ってきた。

「もう言わないから最後にもう一回言うよ、セックスは恥じらいを捨てて野獣の如く交わるんだよ」

「ええ、十分わかりました」 全裸になった。

キスはねちっこくなっていた。

 入念に全身を愛撫した。

 さっきはしなかった69をじっくりとやった。

フェラチオも格段大胆になってきた。

「里美、言って」

「まるさんのチンチンをオマンコに入れて」 里美を上にし、チンコを握らせ挿入させた。

腰をもって自分から腰を振らせた。

 一旦チンコを抜いて、ゴムを付けバックの態勢をとらせた。

「里美欲しいか?」

「そのチンチンを里美のオマンコに入れて」 白いお尻を抱えながら、ズンズン突いた。

我慢の限界を超え、思いっきり発射した。

「3回くらいいっちゃったわ」

「そうか、それは良かった」

「私、あなたが好きになりました」

「俺も里美のこと初めて会った時から好きになったよ」

「これからも会ってくださいますか?」

「もちろんです、ただご主人に気づかれないように十分注意してね」

「はい、肝に銘じます」 裸で抱き合って寝た。

 翌朝、自然とセックスしていた。

 熱海城に行き、駅の近くで食事をとった。

帰りの新幹線の中では新婚さんみたいだった。

 以来、里美と付き合っている。

真夜中女子会ちゃんねる
お薬の塗り方でエロを妄想

おすすめ記事