リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

「もう我慢できない…」新妻リモコンバイブ野外調教体験談

「野外で調教されたい」という新妻を、SM出会い系サイトで見つけた。

お互いに野外調教は初めてという事で、まずは定番のリモコンバイブで街を歩きながら調教してやることになった。

俺は期待と股間を膨らませて当日待ち合わせていた某ファーストフードで新妻Kさんと落ち合った。

そして俺は新妻Kさんがトイレに行く時に1つの包み紙を手渡した。

相手も大体予想は付いてたのか笑って照れ隠しをしながら、俺からリモコンバイブ入りの包み紙を取りトイレに向かった。

もちろん、そのリモコンは俺が持っている。

届く距離は20メートルなので、頃合を見てスイッチを最大にしてやった。

俺はリモコンバイブの威力を最大にしたまま、少し放置をしてコーヒーを飲んでいた。

するとなかなか新妻Kさんがトイレから出てこない。

多分モーター音が漏れているだろうしウォシュレットをつけたまま出られないのだろう。

こんな事もあろうかと防水加工されている飛びっこを買っておいてよかった。

そろそろいいかなと思いリモコンバイブの電源を切ってやった。

その数分後に新妻Kさんがトイレから出てくる。

顔が少し赤らんでいたが「遅くなってごめんなさい」と少し震えた声で謝ってきた。

俺は気にしないでと、ポケットの中で徐々に飛びっ子の威力を高めていった。

すると、新妻Kさんの表情が固まったかのような状態になって、さっさとカバンを取り外に行こうと言う。

俺は外に出る準備をぐだぐだとしていたので早くして!といわんばかりの表情になっていたのが笑えた。

流石に俺もこんなことをしているのが周りにばれたら恥ずかしいから、一旦電源を切ってファーストフードを後にした。

その後、ホテルに向かう間に商店街を通っていくことにした。

ここなら外野の声が煩いので、飛びっ子の威力を最大にしてもバイブ音に気付かれずに野外調教を行える。

商店街に着く前に、小刻みに飛びっ子の電源をONとOFFを切り替えてやったら、少し喘ぎ声を漏らすようになってKさんは俺の腕を強く掴む。

おまんこ汁垂れ流しの新妻が、俺の隣居ると思うと勃起が収まらない。

ポケットに手を入れて必死に隠すが俺も我慢汁がジーパンにまで染み出ている。

そして、商店街に付いた頃には新妻の顔はもうトロンとしていて、いつでもハメてくださいといわんばかりの表情だった。

俺はそんな新妻が犯される妄想をしながら、飛びっ子のスイッチを小刻みに動かして新妻Kさんの反応を楽しんでいた。

商店街を抜けると、新妻Kさんは俺の耳元で「もう我慢できない……」って、ホテルへの誘いと受け取って俺は飛びっ子のスイッチを最大にして新妻Kさんをホテル街へと導いていく。

夫にこんなことしてるのがバレたら確実に離婚沙汰ですよねって新妻Kさんに言ってやると、背徳感を刺激されたせいか、ずっとイクのを我慢してたのが我慢できなくなり、路上で新妻Kさんはアクメに達した。

幸い漏らすことはなかったので、ヘロヘロの新妻Kさんをホテルへと連れ込む。

ホテルに入るなり俺のチンポを取り出し貪るようにフェラチオで我慢汁を吸い取ってカリ首を丹念に舐めている。

蒸れたチンポの臭いが大好きらしく即尺は慣れているらしい。

俺も長時間勃起していたせいか直ぐに新妻Kさんの口の中に大量にザーメンを注ぎ込んでやった。

そのままベッドに連れて行き、クンニングスで3・4回ほどイかせてやった。

新妻Kさんはイクときに少女のような顔をするのでそのギャップに興奮し、直ぐに復活。

勿論ナマでぐちょマンにチンポをぶち込んでやった。

ローションを大量にいれたかのようなマンコに出し入れしてやって子宮口あたりを突きまくってやると、かにバサミで強制的に中出しさせられた。

そして新妻Kさんは力尽きたのか、眠ってしまった。

この後アナルに悪戯してやろうとおもったが流石に2回もイクと性欲が無くなったのでその場を後にした。

人妻セフレとそのJK娘と3Pしたエッチ体験談

おすすめ記事