リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

人妻に生中出しした話

これは先月のこと。

会社の近くのよく通ってるコンビニでパートしてる人妻とHしました。

40歳くらいだけど、ちょっと妖艶なカンジな人妻。

しょっちゅう通ってるんで次第に仲良くなったんだけど、今度部門異動で自分の転勤が決まり、そのコトを伝えたら向こうから最後に食事に行きたいと言ってきた。

夜食事してていろんな話をする中で、ダンナのグチが始まった。

そこで冗談っぽく「それじゃダンナとの夜なんてダメじゃん(笑)」すると「そうなのよねー。

だからご無沙汰でさー、なんちゃって(笑)」といったカンジで冗談交じりで下ネタ話に花が咲かせた。

次第に向こうが酔ってきて少しもたれかかってきたので、、「コレはヤれるかな…」と勝負を賭けて肩を抱いてみた。

すると、向こうも寄ってきたので思い切って太ももの内側を撫でてみた。

最初はビクッ!としたけど、トロンとしたメスの目つきでオレを見たので、チャンス!と思って、店を出てタクシーで近くのラブホへGo。

エレベーターの段階で向こうからキス。

舌をベロンベロンに舐めまわし、唾液を交換しながら部屋へ入った。

さすがにオレもコーフンしてたので玄関でズボン下ろして即フェラさせた。

酒も入ってて汗の臭いでムンムンしてたけど、ハフハフ言いながらお構いなしでチンポをしゃぶっていた。

咥えさせたまま四つん這いでベッドまで連れてゆき、彼女を抱え上げてまるでレイプするみたいにベッドへ投げ出す。

スカートはそのままで下着を脱がせ、即クンニ。

「!?はあぁぁ…、アッアッアッ!」と喘ぐ彼女、すでにアソコはグチュグチュになってた。

ジュルジュル音立てると「イヤイヤ、恥ずかしい…アーッ」と感じまくってる。

「自分で足抱えて開いてごらん」と言うと応じてくれて、大開脚。

ジャケットとスカート姿だけどヌルヌルのマンコ丸出しで大股開きしてる姿をみてオレはさらにコーフンして、全裸になって襲いかかる。

俺は彼女にチンポを握らせて、「ねえ、ゴムないけどどうしよっか?」といいながらクリを弄る。

彼女はハアハアいいながら、「…いいよ…」と言って激しくキスしてきた。

ラッキーと思いながらキスしながら生チンポを半分までズブリ!「!!???ンーッ!」と彼女。

そのまま半分を出し入れして「どうしよっか?いきなり奥まで入れちゃう?」

「アッアッアッ、ゆっくり入れてぇ…」と言ったがいきなり奥まで全部入れた。

「くうゥ!」後はメチャメチャに腰を使って犯しまくった。

チンポの角度を変えながら犯してると、スポットに当たったみたいで「そこそこそこォ!」と言い出したが、ワザと抜いた。

「!?どうしてえ…?」答える前に彼女の服を全て脱がし、クンニした。

どう犯そうがオレの勝手だ。

クリを舌でグチュグチュ弄んでると、マンコからどんどん淫汁が溢れてきた。

「アッ、イキそう、イキそう!!」と言い出したのでそのまま舌の回転を上げてイカせた。

フウフウ言ってる彼女の脚の間に手を滑り込ませ、クリをイジると「!!??止めてぇ、くすぐったい」と体を逃がそうとしたが、クリがくすぐったいなら…と思いマンコに指を突っ込むと「アフッ!」と喘ぎだしたのでそのまま指マン。

さっきチンポで探し当てたスポットをイジりながら指でグチュグチュかき回すと「あーッ!!イクイクイクイクーッ!!」とまたイカせる。

さすがにクリとマンコでイカされて、グッタリしてる彼女をお構いなしにまたクンニ。

「!!??イヤイヤイヤーっ!ちょっと…くすぐったいぃぃ!!」両足をガッシリ掴んで離さずクンニを続ける。

「あああーっ!!ヘンになっちゃうーっ!!!」とまたイカせる。

ここまでイカせまくるとさすがに参ったみたいで、後はなすがまま。

脚を開いて、亀頭を入り口にこすりながら耳元で「生で犯しちゃうからね、いただきます」その言葉を聞いたらスイッチが入ったのか「お願いします…」といってキスしてきた。

で今度こそ奥までズブリ!!アヘアヘな彼女は、ご無沙汰だったせいかうっすら笑みを浮かべてオレの生チンポを味わっているようでさすが40歳の熟女。

オレのチンポがスポットを突っつくと「あっ!ソコ!イキそう!」と言い出したので「何勝手に気持ちよくなってるの?ダメでしょ?『チンポでイカセて下さい』っておねだりしなきゃ」と言葉責めすると「生チンポでイカせてくださいぃ…アッアッアッ」と言ったので、そのままチンポの動きを早めた。

するとマンコがだんだん締まってきて、オレもイキそうだったのでそのまま中出し。

イッた後も、淫汁と精液でグチュグチュのマンコの中でゆっくりチンポを動かしたながら楽しんで引き抜いたら、チンポが真っ白。

それを彼女の口へ持っていってお掃除させた。

お掃除させながら彼女の顔に跨り、69の体勢で今度は彼女の口にピストン運動しながら彼女のマンコを開き、ヌルヌルのお汁をクリに擦りつけて遊んだ。

彼女は、転勤になってもたまに会って犯してる。

真夜中女子会ちゃんねる
誇り高く、知性と気品に満ち溢れた三十七歳の人妻・・・

おすすめ記事