リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

寂しいサラリーマンでも

 私は25歳の普通のサラリーマンで彼女もいない。

そんな私の休日の過ごし方は、出会い系です。

その日も出会い系を物色。

まぁとりあえず適当に人妻にアタック。

すると数時間で返信が。

 その後もやり取りをするようになり、距離は近くはなかったんですが会うことに。

会ってみるとやり取りのときに見せてもらった写メより可愛い、スタイルはスレンダー、そしておっぱいはスレンダーらしからぬ大きさ。

35歳の人妻には全然見えませんでした。

 まずは食事に行き、お酒が入ると人妻は基本旦那の愚痴ばかりで、たまに夜の営みの回数が減っただの、旦那が早漏で満足できないと下ネタを話してきました。

 そして人妻はいきなり私の手を握り「ホテルに行きたい」と言ってきました。

またとないチャンスに食い気味に「はいっ」と首を縦に振りました。

そうなると私のエロも開放されます。

出会いに感謝しつつも急ぎ足でホテルへ。

 興奮をなんとか抑えながらホテルに到着。

「まずはシャワーでも」と、風呂場に向かおうとする私にいきなりキスをせがんで来ました。

濃厚なキスの最中にも、下半身込みでお触りされまくりで、キスのあとには、人妻が自分でおっぱいを差し出してきて「触って・・」と。

 乳首が感じるらしく、ちょっと弄っただけですごい喘ぎ声でした。

もちろん下も大洪水。

エロい赤のパンティが濡れて透けていました。

 抑えきれず前戯もそこそこに挿入。

人妻なのに締まりも感度もよくてすぐにイきそうに、すると人妻が「まだダメ」と馬乗りに。

騎乗位で揺れまくるおっぱいを堪能しながら、たっぷり焦らされました。

 で、結局、先にイっちゃってぐったりした人妻。

そのあとは静止されても構わず、バックでガン突きしました。

結局、2回戦と人妻のオナニーまで楽しんで、朝までコースでした。

 お互いに気も体も合ったので、また会うことを約束しお別れをしました。

そんな人妻の後ろ姿を見ながら、『』ありがとうと心の中でつぶやいていました。

竿師が語る、年増おばさんの熟マンの魅力

おすすめ記事