リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

セックス中毒の妊婦妻はミミズ千匹のびちょマンだった

セフレの一人に妊婦がいるんです。

32歳のひとみって言って、SEX中毒の人妻。

ひとみの旦那は確か15歳ぐらい年上で40代半ば。

その旦那は中年になっても性欲が強いらしく、結婚当時からSEXが大好きで、毎日の様にやっているそうです。

しかもその旦那、SEXが超強く、おまんこに入れたまま2時間はピストンしまくりで、発射してもおまんこに入れたまますぐ勃起して、また2時間やっているそうです。

だいたい夜2時間~3時間で、旦那の仕事が休みの日なんか朝から2時間、昼2時間、夜2時間てな感じで、1日中SEXだらけだそうです。

旦那さん、某黒人ブロゴルファーと一緒の病気(ニンフォマニア)なんじゃないかと思っている。

こんなことだから子供が6人もできてしまい、これ以上子供を作れないため、危険日のSEXの時は旦那にコンドームを付けるようになっているそうなんですが、付けずにSEXして妊娠してしまい子供を堕ろすことに。

結婚してからもう何人堕ろしたかわからないそうです。

32歳になった今でも年に2回~3回は堕ろしているそうです。

そんな中絶しまくりの狂った夫婦の奥さん、ひとみと知り合ったのは、ひとみがパートとして会社に勤めた時でした。

見た目より若く、まだ20代半ばの様でした。

で、ある日、残業で残っててもらい、色々話している内に旦那とのSEXの話になり、毎日の様にSEXしてると言うので、「いいなあ~、こんな可愛い奥さんと俺もやりたいなぁ」と言ってみたら、「じゃあキスだけなら」ってあっさりOK。

で、会社の休憩室へ行って熱くキス。

なんと人妻の方から舌を入れてくるじゃありませんか。

おまけに、「ねぇ感じてる?なんかあそこが大きくなったんじゃない。

SEXしたくなったんでしょう?」と人妻の方から俺のあそこに手を入れてきて、勃起したちんぽをて手で擦ってくれました。

ひとみ「物凄く大きくなってる。

もうたまらないでしょう。

したいの」こんなこと言われたら、俺のちんぽも爆発寸前。

俺「早く入れたいよ」ひとみ「慌てないで、ゆっくり楽しみましょう」で、いつの間にかお互い裸になり、可愛いおっぱいをナメナメ。

膣口も32歳とは思えないほど綺麗で、もう濡れ濡れ状態。

舌でクリトリスやおまんこを舐めてあげると、「早く入れて、あぁ~ん」と可愛い喘ぎ声を出すじゃありませんか。

ひとみ「早くビチョビチョのおまんこに入れてえぇ」可愛い喘ぎ声にたまらず、超勃起したちんぽを入れると、毎日やりまくってるとは思えないほど超締まりのいいキツキツおまんこ。

今まで出会ったことのないおまんこ、『ミミズ千匹』と言えばいいのか、僕のちんぽをおまんこのヒダヒダが包み込むように締めてくるじゃありませんか。

しかもあそこはまん汁で大洪水w俺はものすごく感じちゃって超ピストン状態。

ひとみ「う~ん感じちゃう、もっと速く動かして。

もっと激しく、そう、そうよ、上手よ」もう我慢できなくなって、「ねぇ中に出していいの?」と聞くと、「妊娠してるから大丈夫」だって。

なんとこの時も、旦那の子がお腹にいたのです。

妊娠人妻とのSEXなんて初体験。

ひとみ「妊娠してるから、精液いっぱい中に出してもいいわよ。

早く出して」そう言いながらあそこを締めてくる。

さらに人妻は自分から激しく腰を動かして来て・・・。

ひとみ「感じちゃう、もっと、もっと!」旦那に鍛えられているのか、あそこの締め方が超上手いんです。

腰を思いっきり振りながらの超ピストン。

ひとみ「旦那とのSEXより若い子の方がいいわ。

感じちゃう、もっと、もっと、たまらないわ、もっと激しく動かして~」言われるまま激しく動かし、3分ともたずにビチョビチョのおまんこへ発射。

ドクドクドクと妊婦妻の膣内にいっぱい出してしまいました。

ひとみ「もう出しちゃったの?早いのねえ」なんかご不満そうでしたんで2回目に突入。

2回目もすぐにイッてしまいましたが・・・。

それからというもの会社で毎日の様にSEXです。

とにかく旦那に鍛えられていて、おまんこの締め方とかフェラとかも激テク。

ミミズ千匹のビチョビチョおまんこ、はっきり言って病み付きです。

真夜中女子会ちゃんねる
単身赴任先の隣の若妻は超エロかったダブル不倫体験談

おすすめ記事