リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

主人に不満などありませんが

 結婚10年目、2人の子供と真面目な主人と不満ない生活をしています。

あの日まで男の人は主人だけしか知りませんでした。

2人目出産後腰痛になり、3ヶ月に1度整体に行くようになって3年になります。

 自宅で治療室を設け、気さくなご主人で人気もあり、2週間前に予約しないと駄目な位の評判の医院でした。

年末、急に腰痛がでたので電話を入れました。

治療は今日まで予約が入っているので無理と言われましたが、正月には出掛けたいのでどうしてもとお願いしてみました。

 本当は休みなのですが、特別に明日10:00から時間を作りましょうと言ってくれました。

30日の指定時間に行きましたが、カーテンが閉まっていて、呼び鈴を数回ならすとドアを開けてくれました。

 私のために部屋は暖かくしてあり、何時ものようにトレーナーに着替えてた所に先生が来ました。

まだ私は下着姿でした。

お客さんも来ないし、本当はそのままが治療しやすいので、今日はそのままで治療しましょうと言われました。

 恥ずかしさでモジモジしていると、バスタオルで体を覆ってくれて、治療台に寝かされました。

最初はほぐしのマッサージからです。

何時も以上に念入りに揉んでくれます。

「特別にアロマオイルマッサージをしてあげましょう、リンパマッサージもしましょう」と言われました。

治療のときはブラジャーはしませんので、バスタオルの下はパンティーだけです。

首から肩へオイルを垂らしながらマッサージが進みます。

 本当にウットリするほど気持ちが良いのです。

バスタオルを取られても気になりませんでした。

腰を丁寧に揉んでくれ、体が暖かくなり軽くなって来るような気持ちです。

先生の手は下半身に進んで行き、時々整体を取り入れてくれます。

 何時もは痛くて悲鳴を上げるのですが、今日は痛くなく、楽に整体できたみたいでした。

「血行が悪いから今日はマッサージを念入りにしましょう」と足先からふくらはぎへ、そして太腿です。

「オイルで汚れるので下着ずらしますね」と言われ、パンツをずらされました。

 何時の間にか濡れてしまっているのを感じました。

気持ちの整理が付かないまま裸同然になってしまったのです。

しかもこの家に2人だけ・・。

イケナイと思うほど声は出なくなり、先生にされるがままです。

 気持ち良さと恥ずかしさが同時に沸いてきました。

「仰向けになりましょう」と言われた時、少し恥ずかしいと言いましたが、「バスタオルを掛けましょう」と言われ、催眠術を掛けられたように仰向けになりました。

 腕から首筋初めて体験する心地好さに、緊張感も取れ、胸をマッサージされるのを待っている自分に恥ずかしさが込上げてきます。

乳首に手が触れたとき「アァ~」と思わず小さい声が出てしまいました。

「我慢しなくていいですよ、思い切って声を出してください」と言われてからは、信じられない位の声を出してしまいました。

気が付いたときは足を開き、主人と産婦人科の先生にしか触られたことのない所に、指が入ってきています。

 もうどうなってもいいと思いました。

私のアソコは、もうグジュグジュと音をたてているのが分かります。

「キスしていいですか?」といわれた時、思わずうなずいてしまいました。

先生に治療台から、休憩のベットに連れて行かれ、先生も裸になりました。

 主人より年上なのにタクマシイ体です。

舌を絡ませてのディープキスに頭の中は真っ白状態。

指は敏感な所を刺激します 。

「アアン・・」私は小さく叫びました。

 そして、ついに、びしょびしょに濡れた私のアソコに、先生の大きな物がゆっくりと入って来ました。

ズンズンズンと入ってくる感触がたまりません・・そして、ピストンが始まりました。

アソコいっぱいに入っているペニスが子宮に当る感じがします。

 何回もイク~と叫びました。

「イクよ 何処に出したらいい?」と聞かれた時「そのまま中に出してっ」って言ってしまいました。

そして、先生のアソコが私の中でグーンと伸びた感じがして、先生は熱い液を放出しました。

 私は、気持ちよすぎて、眠ってしまったようで、気が付いたら1時間も裸で足も開いたままだったようです。

真夜中女子会ちゃんねる
旦那真面目すぎて淡白で面白くなく不倫で相性の良い人見つけました

おすすめ記事