リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

友人の爆乳奧さんを貸してもらって中出し

「お前の嫁さんとヤリて~」

そう友人の圭太に言ったのは、飲みに行った時だった。

俺と圭太とは腐れ縁で幼稚園の頃からの大親友、今は40代のおっさん2人だけどね。

そんな大親友コンビだから圭太の嫁さんとも仲が良く、お互い家族付き合いは多い。

ちなみに俺も既婚だ。(俺の名前は裕二としておく)

圭太の嫁さんは35歳で俺達より7歳年下だ。


体型はガッチリポッチャリで、体格が良いポッチャリって感じでオマケに爆乳!なんと109cmのIカップのバスト!体型も顔もAV女優の「杏美月」のような感じだ。

なので圭太の嫁さんの事をこれから美月ちゃん(仮)とします。

そんな感じだから、もう美月ちゃんとヤリたくて仕方なく、つい酔った勢いで美月ちゃんの旦那である大親友の圭太と居酒屋に飲みに行った時につい言ってしまった……。

ところが意外だった。

圭太「あんなポッチャリのウチの嫁で良いならいつでもヤッていいぞ(笑)」

俺「マジで??」

圭太「実はな俺ら夫婦、ハメ撮り、3P等の複数プレイ、スワップとか乱交とかヤッてたんだよアッハッハッハ(笑)」

圭太や美月ちゃんがそんな事してたなんて……心底ビックリした。



圭太「そんな事ヤッてるとさ、嫁が誰とやろうが気にならなくなった訳だよ。あっ、でも俺が許可した奴とだけね(笑)だからお前がウチの嫁とヤリたいならいつでもヤッていいぞ(笑)」

俺「マジで良いのか?ホントにヤッちゃうぞ」

圭太「良いぞ、嫁には言っておくから(笑)今度の土曜なんてどうだ?子供達は俺が実家に連れて行くから気がねなくウチの嫁と楽しんでくれアッハッハッハ(笑)」

そして約束の土曜日。

朝から携帯に連絡があった。

圭太「今から子供達連れて実家に行くから。帰るのは夜だからそれまで楽しめよ(笑)」携帯を切ってシャワーを浴び、嫁には圭太の家に行くと言った。



家を出たのは午前10時頃、圭太の家に着いたのが30分後。

ホントなら圭太の家までは20分位で着くのだが、ドキドキ緊張とワクワク嬉しさでなぜか少し遠回りをしてしまった。

圭太の家に着くと圭太の車は当然無く、あるのは圭太の嫁さんである美月ちゃんの車だけ、当然か……。

俺は緊張しながらもいつも圭太が車を停めている所に駐車し玄関に向かった。

ピンポーン、と玄関のベルを鳴らす。



「あーい、裕二くんでしょ?入って来ていいよぉ~」玄関のドアを開けて中に入ると美月ちゃんが笑顔で出迎えてくれた。

美月「圭太から聞いてるよぉ~(笑)さあ入ってぇ(笑)」ニコニコ笑顔の美月ちゃんに緊張してたのが救われた感じがした……だって嫌な顔してたらね(笑)ソファーに座らせてもらい、美月ちゃんがコーヒーを出してくれた。

髪が濡れてたからか、美月ちゃんはお風呂かシャワーから出たばかりのようで、着ていたのはヒザ上まであるデカTシャツたった一枚きり。

ムチムチしててたまらん!すでに股間はビンビンでした(笑)

美月「裕二く~ん、そろそろ始めよっかぁ?楽しみにしてたんだからぁ(笑)」

コーヒーを飲んで一服したら美月ちゃんがそう言ってきた。

でも、その時の俺はどうしていいのやら、まるで童貞くんみたいな感じだった。



美月「裕二くん緊張してんの~?(笑)大丈夫だからね(笑)」

童貞みたいに緊張してたけど、明るい美月ちゃんにその時から気持ちに余裕ができた。

美月ちゃんはソファーに座ったままの俺を全裸に脱がしてくれて、すでに勃起していたチンポに美月ちゃんはいきなりシャブリついてきた!デカい爆乳がデカTシャツのパックリ開いた胸元から見える!まるでメロン、いやスイカが2つあるみたいだ。

ソファーで股を開いた俺の脚の間に美月ちゃんは座って、唾液を垂らしながらチュパチュパとイヤらしいフェラ!しかも俺の股の間のソファーの所にデカTシャツに包まれた2つの爆乳がドカッ!とのっかってる光景が凄かった。

しばらくチンポをシャブった美月ちゃんは俺に跨がり、自らビンビンの俺のチンポにおまんこを擦り付けてきた。

デカTシャツを捲ってみると美月ちゃんは何とパンツ1枚しかはいておらず、すでにおまんこの部分がビッショリ濡れていた。



白のパンツだったので濡れ具合もハッキリと分かった。

美月ちゃんはハアハア言っており、かなり興奮してる模様。

俺は美月ちゃんのビッショリ濡れたパンツを脱がせて、ソファーに寝かせて激しくおまんこを舐めた。

美月「あぁ~いぃ~、気持ちいぃ~!もっとぉ~!もっと舐めてぇ~!おまんこ舐めてぇ~!」

イヤらしく叫ぶ美月ちゃん!早くもハメたくなった!急いで正常位でビッショリと濡れたヌルヌルのおまんこに、早くもチンポを挿入。

美月「はあぁ~!あぁ~いぃ~!スゴくいぃ~!チンポ!スゴくいぃ~!チンポぉ~!もっとぉ~、もっとズボズボしてぇ~!」

何てイヤらしいんだ!淫語連発の美月ちゃんに、激しく腰振る俺。



美月「スゴいよぉ~!スゴく気持ちいぃ~!もっとぉ~、もっとおまんこしてぇぇぇ~!もっとコスってぇ~!もっと膣コスって!膣いっぱいコスってぇ~!あぁ~っ!おまんこぉ~!おまんこいぃ~!おまんこいぃ~!」

変態みたいな淫語の美月ちゃん……いつもこんななんだろうか?激しく舌を吸い合うと甘くて美味しかった(笑)ところが、早くも射精したくなってしまった。

俺「美月ちゃん・・・もう出そうだよ・・・」

美月「出ちゃうの?出ちゃうの?精子出るの?私のおまんこに出すの?私の子宮に出しちゃうの?」

俺「中に出したらマズいよね?」

美月「いいよ、いいよぉ~!中に出して!中に出してぇ~!膣内にいっぱい出してぇ~!」

俺「あ~、出る!イクっ!」

ビビュッ!ビーッ!

美月「ああっ!出てる!いっぱい出てるぅ~!スゴぉ~い!チンポ、ビクンビクンしてるぅ~!ああ~っ!おまんこいぃ~!おまんこぉスゴくいぃ~!たまんなぁ~い!」

挿入してからここまで、ものの3分。

早漏でした(笑)美月ちゃんはピル使ってたから中出しで良かったんだよね。

まだビンビンに勃起したままだったんですぐに2回戦へ!今度はバックから背面騎乗位、そして対面騎乗位へ。

当然2回戦も美月ちゃんのおまんこの中に、膣内出し!2回戦終わって一度お互いシャワー&昼食タイム。



まだまだヤリたらない美月ちゃん、俺もだったけど(笑)シャワー&昼食終わったら即3回戦へ!

結局この日、合計5回も美月ちゃんの膣内にいっぱい射精。

その日以来、美月ちゃんは大親友の圭太公認のセフレとなったのでした(笑)
バブル時代の女子大生の淫らな生態

おすすめ記事