リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

40歳のオバチャンが女アピールしたくなった瞬間

昨年に40歳になった中年主婦です娘が○学校に進学した事をきっかけに、私は10年ぶりにお勤めを再開しました。

旦那は「給与は気にしなくていいから、興味がある仕事にしたら?」と言ってくれたので、私は以前から興味があった「カフェ」でお世話になることにしました(緑エプロンのカフェです) 東京のビジネス街にある店舗で、皆さまの出勤時間はとても忙しいのですが、以降は比較的ノンビリと働ける素敵な職場です。

私以外のアルバイトさんは、大体が女子大生の皆さんで、私みたいなオバサンは場違いかと思いましたが、仲良くしてもらっています。

* ドリンクも上手に作れるようになり、何人かのお客様には顔を覚えて頂き、アルバイトながら仕事に充実感を感じています。

やっぱり社会に出て、誰かに必要とされることは嬉しいものです。

 多分、そんな感じに舞い上がっていたのだと思います。

数ヶ月前に店長(31)と男女の関係になってしまいました。

営業時間が終わり、二人でお店を閉めたあと「飲みにいきませんか」と誘われました。

若い女子大生の子たちを誘うより、私のようなオバサンの方が気を使わなくて済むから、だから誘ってもらえたのだと思います。

 とても楽しい飲み会でした。

家でも旦那とお酒は飲みますが、職場仲間と仕事の後に飲むビールはとても美味しかったです。

そして店長くん(年下なので)が、職場とは違う接し方でした。

それはアルバイトしてる私でなく「女の私」を意識してしまうような、接し方でした。

 久しく感じていなかった気持ちでした。

それは心地よく私の「女」をくすぐりました。

そのまま私たちはホテルに行きました。

恥ずかしいですが、この歳になって私は激しく乱れました。

初めての浮気です。

関係は続いています。

バレたらどうしようと思いながら、カラダは店長くんに抱かれるけことを強く求めています。

どうすればいいのでしょう。

映画サークルの彼女の家に言ったら複数の男とAV撮影してたエッチな体験談

おすすめ記事