リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

勿体無いほど美形の人妻  告白

M君に始まった童貞狩り…S子はすっかり嵌ってしまいました。

後日専門学校生17歳君とも会い、変態初体験を経験させます。

S子がねだるので車や携帯を買い与えると、度々家を留守にするようになりました。

不審に思い携帯の履歴を調べると、すべて消去しています。

ひとしきり通った相互観賞クラブ。

気が合う数人とグループを作り、乱交や貸し出し、スワップなどもやっていました。

私はS子が誰と寝ようと構わないけど、秘密だけは持たないようにと言っていましたが・・・。

秘密・・・バレない様にする。

これが刺激のキーワードです。

S子は私に内緒でほかの男達と遊ぶ楽しみに気付いたようです。

限りない欲望を求めるS子・・・。私も暫くは見て見ぬ振りをしていましたが、一応相談するとは言え外泊までするようになったS子に苛立ちました。

昨夜はどこに行ったのか問いただします。

S子は出会い系で見つけたM男君と遊んできた・・・といいました。

M男君・・・二人だけで会わせ、DVDに録画した二人のSMプレーを私は見ています。

映像の中でのS子は革製のボンデージに身を包み、手には鞭を持ち、わざと化粧をどぎつくしてSMの女王様そのものです。

S子の下半身にそそり立つペニスバンド、跪きしゃぶる若い男・・・男はS子のペニスをしゃぶりながら、ちぢこまった自分のチンポを扱いています。

“この下手くそ!そんなしゃぶり方じゃ感じないでしょ?もっと一生懸命しゃぶりなさい!”と言うや手にした鞭で男の尻を“ピシっ!”と鞭打ちます。

“ほらほらぁ、しっかりしゃぶって私のチンポをビンビンにするのよ!後で沢山お尻を掘ってやるから!”実際、男を四つん這いにさせアナルにペニスを出し入れするS子。

男は〝あ~ん…S子様気持ちいいです…もっと奥までチンポで突いて下さい・・・”と言いながら男は自分のチンポを扱きたてている映像。

衝撃的だったのは、S子と男が双頭の極太ディルドをお互いのアナルに突っ込んで、四つん這いで腰を振りあってるシーン・・・。

男を四つん這いにさせ、S子は自分のオマンコにディルドを入れ、反対側を男のアナルに突っ込んで腰を振るプレーは圧巻でした。

起ってもいない男のチンポが射精したのです。

S子は〝アンタばっかり気持ち良くなってダメじゃない!”と言うや、射精したばかりのチンポをしゃぶります。

やがてビンビンにそそり立つチンポ・・・今度は男がS子を四つん這いにさせ、S子のオマンコにチンポを突っ込み、アナルにはディルドを・・・男の口調がガラリと変わり、あえぐS子に〝気持ちいいか?この変態メス豚!このビデオもご主人様に見てもらうんだろ?喜んで貰える様にはしたない言葉を叫んでイキな!”S子はMキャラに変わります。

〝ああっ…気持ちいいですぅ。

もっとでっかいチンポでオマンコこすって下さいぃ・・・お尻も・・お尻も激しくこすって下さい・・・メス豚S子は変態プレーが好きぃ…ああっ、もっとお願いします・・・”ヒ~っ!とヨガリ声を上げアクメするS子・・・男はS子を休ませず、延々とチンポで攻め立てます。

〝あ~っ!スゴイぃ・・・ずっと・・・ずっとイクのぉぉ・・・もっとして!もっとイカせて!あっ、またイクっ!すごいすごいぃ・・・!ずっとイッてるぅ・・・!”男はチンポの出し入れを止めません。

早めのペースで動き、S子の反応を見てペースを上げ、S子がアクメしようとすると激しく早く、イッても少しペースを落として延々とS子を攻め立てています。

汗まみれになりながらも延々と動く男・・・。

息を飲むようなシーンが延々と続きます。

S子のアクメ声も言葉になっていません。

〝あ、あ、あ…イちゃぶ…う、う、う、ヒグろ…ヒグっ・・・ヒグぅ・・・・!”S子は全身を小刻みに揺すりたて、気が違ったみたいにイキ続けています。

薄目ながら見える瞳は完全に飛んでる・・・快楽の中と言うよりは、まるで苦痛の中に閉じ込められているような連続アクメ・・・。

〝イケよぉメス豚、死ぬまでイケ!お前は俺の奴隷になるんだろう?ご主人様よ李俺のチンポでヨガリ狂いたいんだろぉ?”〝ヒ~っ!ヒ~ッ!ヒ、ヒ、ヒ、ヒ、ヒ、ひぐいひうひぐいうううう・・・!”私はこのビデオを見た時に気付くべきでした。

人間とは思えない位の連続アクメ・・・S子と男はお互いの穴と言う穴すべてを使っての変態プレー・・・かわるがわるSになりMになり、延々と続く変態プレー・・・ビデオは途中で切れていましたが、120分の間休憩もせずに続けるSEX・・・有り得ません。

問いただす私に、S子は少し不貞腐れたように答えました。

〝・・・ドラッグです・・・”男が使っていたのは“S”・・・つまり覚せい剤でした。

私は怒り“なんでそんなものに手を出した?”と問い詰めました。

“だって・・・忘れられなかったの・・・”私は唖然としました。

S子は若いころ付き合っていた男に、セックスの度にSを打たれていたと白状しました。

アナルはその頃から覚えていたし、イッてもいた・・・。

出会い系を始めたのは、旦那の浮気がきっかけになったと言ってましたが嘘。

私と出会う前に5人の男とSEXしていましたし、満足出来るSEXを求めていたといいました。

人から聞いたことはあります。

Sを使ってイク事を覚えた女は止められない・・・。

ヤクザが女を自分のものする手段・・・。

イク時の快感を何倍にも(何百倍とも何千倍とも)にも高め、イッてる時間も長く(と言うよりイキっ放し状態になる)なる・・・。

S子と男のSEXビデオが証明しています。

S子と男が初めて会ったときに、男は自分だけやるから・・・との事だったそうですが・・・遠い過去経験していた強烈な快感がフラッシュバックして、体中の毛が逆立つような感覚に襲われ、つい自分も手を出してしまったといいます。

男はポンプ(注射)、S子はアルミ箔に乗せての炙り。

キマってからは男が自分のチンポにSを振り掛け、S子のオマンコに突っ込みそこからの追加。

アナルにチンポを突っ込まれた時も、男はチンポにSを振り掛けていた・・・そう言いました。

私はドラッグの経験はありませんでした。

最近ではキメセクシリーズなんてDVDもありますが、S子と男のSEXビデオはあんなもんじゃありません。

男も女も体中の体液を絞り出すようなSEX・・・見ていて怖くなるようなSEXです。

私には内緒にしていましたが、その後男と度々会うようになり、その都度Sを使ったSEXにはまり込んでいったとの事です。

“あの男はヤクザか?”と聞きました。

“違います、水商売関係の人です。

”私にとってはSを使うような男は、ヤクザだろうが水商売だろうが同じです。

“縁を切りなさい!もう会うな!”と言いました。

S子は顔を上げず“分りました・・・”と答えましたが・・・。

続く  
60代とは思えないくらいに反り返ったイチモツで

おすすめ記事