リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

学生のとき、隣の母乳の出る若奥さんに手コキとフェラで抜いてもらった

あれは俺が中1の時だった。

隣の家に越してきた奥さん(当時24~5)との想い出です。

俺の家も奥さんの家も同じボロい貸家だから、今で言うセレブって感じでは無かったな。

高岡早紀似で優しそうな顔立ちで、新生児を持つママさんだった。

俺は赤ん坊に興味を持ち、あやしたりしに良く遊びに行っていた。

奥さんも歓迎してくれ、お菓子を出してくれたりTVゲームをやったりと仲は良くて。

当時流行ったディスクシステムを持って無かった俺は、半分はディスクシステムをやる目的で通った。

仮に名前を早紀としよう。

ある日、いつものように遊びに行き…赤ん坊をあやしていたら大泣きした。

赤ちゃんが大泣して焦った俺は早紀さんを呼んだ。

俺「早紀さーん、赤ちゃん泣いてるよ!」

早紀さん「ああ、きっとお腹空いてるのよw」

俺はおっぱいからあげるもんだと思って、気を使い俺「じゃあ、俺帰ろうかな」と言って立ち上がった。

早紀さん「何で~?粉ミルクだから平気だよぉw」とニコニコして答えたんだ。

俺「そうなんだ?直接あげるんじゃないんだね」

早紀さん「そうなの、少しずつ母乳から粉ミルクに変えていくの。母乳はまだ出続けてるから困るんだけどねw」

俺は別に下心で接していた訳じゃなかったので、ふ~んとしか思わなかった。

早紀さんは、「だからおっぱいがパンパンに張って大きいんだよ、今だけねw普段は小さいの。今だけ私巨乳だよ~」

と胸を下から持ち上げながら言った。

ちょっと"おっぱい"という単語にドキドキする俺。

早紀さんは「ツトム君は好きな子とかいないの?女の子の身体に興味ない?」って聞いてきてさ。

俺「え…いや…興味はあるけど…」とドギマギしながら答えた。

そりゃ厨房ですから、性には興味無い訳がない。

早紀さんは相変わらずいつもの笑顔のまま、

「…じゃあ、ちょっと女の子の身体を勉強しちゃおうか?」と言って、モゾモゾしながら背中のホックを外した。

オイオイオイオイ、何だこれは?何が起きてるんだ!?と焦る俺。

普段そんな風な目で早紀さんを見た事が無かったし、早紀さんもエロオーラなんて出してはいない。

あくまで優しそうなお姉さんって感じだった。

何故急にこんな事に??もう完全にフル勃起、プラス脂汗。

そんな俺の目の前に現れたデカいおっぱい。

記憶が美化されてるのかも知れないが、乳首は真っ黒ってのじゃなく…割と普通の色だった。

乳輪はやや大きかったな。

それで胸自体はデカかった。

パンパンに張っている感じがすぐ見て取れた。

早紀さん「ほら、何もしなくても滲んできてるでしょ?これ絞ると凄いよww」って言って乳首を絞った。

凄い勢いで母乳が飛んだ。

初めて見た光景だった。

それに、初めて見る生身の身体に俺は目を奪われていた。

早紀さん「ちょっと母乳舐めてみる?」

俺は照れて「い、いいよ~、赤ちゃんが飲むもんでしょ?」って言ってしまった。

今なら確実に飲んだのに…馬鹿だよな…orz早紀さんは「別に害はないよぉ、結構甘いのよw」ってニコニコしながら言った。

俺はと言えば、相変わらずギンギンのチンコが痛い。

俺は部活のイモジャー姿だったので、一目でモロに分かる勃起。

そんなマウンテンを発見した早紀さんは俺の股間に視線を落とし、「ふふふ、元気よねw」って意地悪く笑った。

一気に顔が赤くなったと思うくらい、俺の顔は熱くなった。

早紀さんは、「ツトム君はもう一人でしてるの?」って聞いてきた。

「…まあ、たまに…」なんて言ったけど、実際は一日3回はしてたよ。厨だし。

早紀さんは思い立ったように、「じゃあ、ツトム君のそれ見せてw見たいなあ」って言った。

凄い恥ずかしかったけど、テンパり方が半端なかった俺は何故か素直にジャージを下ろした。

早紀さんは、「凄いね…真っ赤じゃん。それもパンパンだよね。触っていい?」と言い、俺の返事を聞く前に手を伸ばし、握った。

初めて他人に握られて、それだけでイキそうになる俺。

そんな俺は空気を読まずに早紀さんに、「セ、セックスするの?」って馬鹿みたいな質問をした。

早紀さんは微笑んで、「ふふ、エッチしたいのぉ?うーん、どうしよっかなあ…。やっぱダメーw旦那さんに悪いしねw」と良く分からん答えが返ってきた。

俺はそりゃそうなのかもな、と思いながらも…今すでに色白で小さな手に握られている状況に戸惑った。

早紀さん「でも…こんなになったのは私のせいだよね。」って言いながら俺の前にひざまずき…しゅっしゅって扱き始めたんだ。

物凄い気持ち良かったな、手コキだけなのに。

背中が汗でびっしょりだったのを覚えている。

早紀さんは「ツトム君、手貸して?」って言って俺の手首を持ち胸に押し当てたんだ。

早紀さん「おっぱい触った感想は?」

俺「お、大きいよ」何て頭の悪い返事を言ったんだ俺は…。馬鹿。

掌の真ん中に当たる乳首の感触が興奮を倍増させた。

揉みまくる余裕なんかなく、ただ押し当てているだけだった。

扱きながら時々出る早紀さんの「うぅん…」って言う声が可愛かった。

俺は堪らなくなり、快感に負け目を閉じた。

すると股間に新しい感触を感じた。

慌てて下を見ると、早紀さんの頭のつむじが見えた。

オイオイオイ、口に含んでるよ!エロ本で見たあれだ!って俺は更に焦った。

早紀さんはゆっくり顔をスライドさせながら、時々声を漏らした。

俺はもうイキそうだったから、「さ、早紀さん…もう…」って何とか言った。

早紀さんはまた意地悪な顔してこう言った。

「ふふ、まだ全部見てないでしょw」…おまんこか。

俺は裏でおまんこがどうなってるかは知っていたが、早紀さんはスカートの中に手を入れ腰を浮かし…パンツを脱ぐと、スカートをゆっくり捲った。

初めて見た実物に俺は興味津々だった。

早紀さん「ちょっと濡れちゃってるんだよw触ってみる?」ってまた俺の返事を聞く前に俺をベッドに寝かせ、自分の下半身を俺の顔の横に置くように横たわった。

そして俺の指を持ち、ゆっくり中に入れた。

中の感触は柔らかく熱かった。

早紀さんはフェラを再開し、俺は指を入れたまま動かさずにいた。

動けなかった…に近かった。

指先が締め付けられていた。

なんせ初めての経験だから、何故か俺は指がどんどんおまんこに吸い込まれているように感じ…慌てて指先を確認してホッとした。

早紀さんのフェラは上手かったのか分からないが、間もなく俺は口内射精をした。

相当出たと思う。

一気に背中の汗がまた吹き出したような感じだった。

早紀さんは「んーっ!!」って言って顔の動きを止めた。

しばらくお互い動かずに射精が収まるのを待ち、先に早紀さんがチンコから顔を離し、「いっぱい出たねw」って意地悪な笑顔を見せた。

俺は本当に10分くらいは身動きが出来ずに、大の字のままでいたんだ。

それから、早紀さんは時々口で抜いてくれた。

味をしめた俺は頻繁に遊びに行ったが、早紀さんが「今日もしちゃう?」って言い出さないとしなかった。

ヘタレの俺は自分からしてくれとは言えなかったから。

結局最後までセックスをする事なく、早紀さんは引っ越した。

俺はそこまで厨1で体験しながら、童貞を捨てたのは22だった。
コンパニオンの応援で意気投合して巨根に狂っている人妻

おすすめ記事