リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

欲求不満だった隣の若奥さんが、エロ下着をつけて僕のモノを…

私は45歳、雄一です。

結婚していますが、2年前から、単身赴任で自宅を離れ一人暮らしをしています。

ただ、ワンルームはなんとなく、寂しいような気がして、ちょっと古めですが、家賃の安い2DKのアパートで暮らしています。

そして、3ヶ月前に隣に新婚夫婦が引っ越してきました。

旦那さんは見た感じ30代後半でしょうか、、の割りに奥さんはどう見ても20代です。

でも10歳くらいの年の差は今はよくあることかなと思いつつ、引越しの翌日に2人そろって挨拶に来たときには、そう思いました。

旦那さんは車の営業の仕事らしく、夜遅くに毎日帰宅されています。

私は結構きっちりした時間に帰っているので、大変だなと他人事のようでした。

そしてあるとき、運送屋さんが家に訪ねてきました。

用件は隣宛の荷物を預かって欲しいとのことです。

3日連続で留守のようなのです。

旦那さんは帰りが遅いにしても、どうも奥さんは実家に帰っているのでしょうか?見ると宛名が奥さんの名前になっていたため、夜にだんなさんに渡さずに、奥さんのいる日に訪ねようと決めました。

しかし、僕は中身が気になってしょうがなくなってきました。

ガムテープで止めてあるので、はがして同じように戻そうと決めました。

そして僕は、見てはいけないものを見てしまいました。

なんと中身は、セクシーな下着の数々。

黒や紫のレースや、紐パン、Tバックなどちょっと奥さんの見た目に想像つかないものばかり。

しかも、ブラのサイズがFカップになってます。

なんとなく気づいてはいたが、予想通りの巨乳です。

僕は箱を元に戻しました。

翌日、僕は休みですが、隣の旦那さんはいつもの時間に出勤していきました。

そして1時間後、どうやら奥さんが帰ってきたようです。

僕は奥さんに気づいてもらうように、運送屋が残していた不在表を1枚調達して、メモ書きで隣で預かってますの伝言を添えて玄関ドアの下にある、新聞受けに入れていました。

案の定、奥さんが、すぐに家に来ました。

当然奥さんは中身は知っているでしょう。

なぜかちょっと早口で、顔をやや赤らめてうちに来ました。

「隣の沖田です。

荷物受け取りに来ました。

こんなに早く配達されると思ってなくてすいません。」


「いいえ大丈夫ですよ、運送屋が、中身に異常がないか一緒に確認して欲しいといって聞かなかったので、僕は断ったんですが、一応見させてもらいました。

特に異常はなかったですよ。」


まったくのうそです。

しかし、奥さんは一気に表情が変わり明らかにあわてていました。

「それどういうことですか、ほんとに中身見たんですか?」

「奥さん、どうしたんですか?そんなに見られて困るものでも頼んでたんですか?」

「そんなことありませんけど、でも中身見るなんてちょっと困るんですけど。」


「困るだけなら、いいじゃないですか、ちなみに僕と運送屋が勝手に取ってないか、一緒に確認しますか?」

「そんなこと、もういいですから、荷物ください。」


「でも、後からクレーム受けても僕も困りますから、一緒に確認しましょう。」


僕は、奥さんの戸惑いをよそに箱を開けていきました。

奥さんほんとにパニック状態です。

遠慮なく僕は開け続けました。

「奥さん見てもらえます。

間違いないか。

ほら、黒のレース、紫の紐パン、赤のTバック、ブラもおそろいで、サイズはFカップです。」


「ほんとに間違いないので、もういいですか。」


「いや、あとできたら、商品に異常ないか、実際奥さん着用してもらいたいです。

僕のこの目で確認します。

、とりあえず、紫がいいかな?奥さん札はずしますから、ここで脱いでくださいよ。

旦那さんに内緒で買ったんでしょ、ばらしますよ?」一か八かで言ってみた。

本当は夫婦の趣味かもしれないし。

でも違っていた。

本当に内緒だったようだ。

「わかりました、トイレ借りてもいいですか?着替えてきます。

主人には内緒ですよね絶対。」


「もちろん内緒です、でもトイレではなく、僕の目の前で着替えてください。

まず、きているものすべて先に脱ぎましょう。」


「あぁ、そんな恥ずかしい。

でもわかりました、言うとおりにします。」


奥さんは着ているセーター、ブラウス、スカートと順に脱ぎ、ストッキングそして、ブラ、最後にショーツと次々と脱いで行きます。

そして、紫の紐パンとセットのハーフカップのブラをつけて行きます。

見ただけでもかなりのエロさです。

何せ、隣の奥さん、しかも新婚さんが他人の男の前で破廉恥な格好をしているのです。

「そんなの買った目的が知りたいです。

旦那さんとの行為のときに使わないなら、どういうことですか。」


「実は、結婚する前から、なんとなく予想はしていたのですが、主人の仕事忙しいみたいで、まったく夜のほうがなくて、結婚して3ヶ月ですが、正直私、数えられます。

実は、この3日間も主人には女友達と旅行といったのですが、本当は、結婚前に勤めていた会社の上司とセックス旅行に行ってたんです。

その上司からは、いつでも連絡くれたら、相手するからといわれていたので。」


「じゃあ、それも秘密にしとかないと、これは下着を着てもらうだけではこの秘密ちょっと重いね。

ついでに、僕のあれも試してもらおうかな?」

「ほんとにいいんですか?試してみたいの、隣に住んでる男性と身体の関係なんて、なんか興奮しちゃう。」


そういうと、奥さんは、僕より先に、パンツのチャックに手をやり、自ら、僕のことを脱がせていきました。

「こんなに大きくして、私のせい?すごくうれしいんだけど。

いっぱい口で気持ちよくするね。」


奥さんはいっぱいの唾液で僕の固くなったチンポを吸い続けます。

唾液は首をつたい、巨乳のおっぱいへと垂れていきます。

「今度は、おっぱいでパイズリしちゃうから、すごく気持ちいいよ。

やわらかいし、みんな気に入ってくれるから」そういうと、唾液でヌルヌルのおっぱいでチンポを挟み込みます。

本当に気持ちよく行きそうになるのをこらえました。

そして攻守交替です。

奥さんのグチュグチュのマンコを自分で広げさせ、思いっきりな舐め捲くります。

何度も奥さんはよがり、悶えて行きます。

最後は奥さんにおねだりさせ、チンポを挿入です。

「お願い、私のことその硬いチンポでむちゃくちゃにして欲しい。

お願い、早くしてぇ」お互いまったく時間を忘れ、セックスし捲くりました。

もう、こうなったら、とまるはずがありません。

気づいたら、時計は3時を過ぎています。

奥さんが朝家に来たのは9時です。

6時間も行為を続けています。

「主人は、もちろんですが、上司と比べても、比較にならないくらい気持ちよかったです。

もちろんチンポの硬さも太さも、私、お隣さんとこれからもいっぱいしたいです。

お願いします。」


「じゃ、これからは、僕といっぱいセックスしましょう、旦那とも不自然にならないように、行為をしてくださいね、後、上司とはもう2度とやらないように、いいですね。」


「絶対に約束します。

そうと決まったら、後もう一回お願い。」


そういって、もう一回セックスをし、その日は別れました。

とはいっても、隣にいるわけで、その後、かなりのペースでセックスを繰り返しています。

単身赴任がこんなに楽しいとは思いませんでした。

真夜中女子会ちゃんねる
町内会の夏祭りでアラフォーの普通のおばさん二人に喰われた童貞大学生

おすすめ記事