リップスティック速報

本当にあったエッチな体験談をお届けします。

妻グチャグチャ

妻、○美28歳を、公認のK氏に三日間貸し出しています。
K氏は好色で裕福な50代の方で、妻とは一年程前にBARで知り合い、口説かれた後、強引にホテルに連れ込まれ犯されるように関係をもたされたのですが、M性が強い妻はK氏のテクと巨根にハマってしまい今では性奴隷と化しています。
 3Pも一度経験があり、もともと寝取られ願望のある私には嬉しい悲鳴なのですが,..K氏のSEXは何でもありの上に強烈らしく、妻は毎回何度もイカされフラフラで帰宅しています。
中出し・精液飲みは当たり前で、アソコは手首まで入る程に拡張されてしまいましたもちろんアナルも使われまくっています。
今までで一番凄絶だったのは、泊まりで出かけた時に、K氏の仲間に輪姦された事があるのですが、縛られマワされ何発も精液を注入され、前後にバイブをねじ込まれたまま帰宅した事があります。
バイブを抜くと精液がボタボタと落ち、スパンキングで真っ赤に腫れあがったお尻には「淫乱人妻公衆便所 奴隷契約済み」と書かれていました。
          話をきくと初老の男性を交えた三人に一晩中嬲られ続けたとの事で、唾や精液はもちろん皆の小便まで飲まされ、最後にはK氏の用意した[性奴隷契約書]にサインしたとの事。
この契約書は後日見せてもらったのですが[私○美は人妻でありながらK氏の性処理の奴隷となる事を誓います・・中略・・夫とは月に一度しかSEX致しません]との内容でした。
さすがに複雑な気持ちになったのですが、妻は生き生きと毎日が楽しそうですし、私もK氏を失う事は寂しいので、三人で会いこちらの性癖を打ち明けた所、「やはりね、奥さんからも3Pした話を聞きましたよ。これからは遠慮しませんから」と交際を約束してくれました。
今までのSEXには遠慮があったのか?と怖くなりましたが、何時・何日・何をしてもよいが必ず報告する事を条件に公認としました。
        貸し出しは今日で二日目なのですが、夕方にK氏から「県外にいるので予定が延びる。」とだけメールがありました。
あわてて「妻は大丈夫ですか?」と返信すると、「淫妻は心配無用、輪姦中」と写メールが送られてきました。
バックからヤラれている妻の後ろに数人の男性がいる様子。
先程妻の携帯にかけたのですが不通です。
今頃はグチャグチャなのでしょうか...お昼にK氏から電話があり、自分は疲れたので、明日まで妻を昨夜遊んだ友人のO氏に預けるとの事。
ただO氏は普通の職業の方ではないとの事なので、心配になり直接話しをさせて欲しいと頼むと、一時間程して野太い男性の声で電話があり「旦那さん?昨夜は楽しめましたわ、可愛い奥さんや。ケツの穴も使えるから久々に二発ですわ、ハハハ」お礼を伝えると、「ウチの別宅には若いのが何人もいてるし奥さんも了解済みや、なぁ奥さん。足腰立たんぐらいマワしたるさかい...こら、しっかりシャブらんかい!」車中でフェラさせながら既に別宅に向かっているとの状況。
くれぐれも無事に帰して欲しいと頼むと、明日にはK氏に返す、また電話を入れると切られてしまいました。
興奮よりも心配が勝り、電話を待っていると夜十時頃に妻からの電話。
話を聞くと、一昨日はKさんと温泉に泊まり、昨日は某県のホテルで五人に輪姦された。
O氏の別宅に着くなり縛られて、TATOOの入った若者六人に犯され、ビデオを撮られた。
食事の後寝室で休んでいる。
人の出入りが激しく、O氏は不在。
何人の相手をさされるのかわからない。
との事。
以外にも妻の声は元気で、怯えているような様子もなく、とんでもない状況を楽しんでいる感じでした。
しばらく話していると、男性達の声が聞こえはじめ「ほら、こっちにケツ出せぇ」「こいつらは口で抜いてやれや」との声で電話が切れました。
深夜一時頃O氏から電話があり、不在にしていて今帰ったとの事。
「寝室覗いたら馬乗りになって腰振ってましたわ..どうも若いもんが面白がって変な薬を使うたらしく..奥さん目がブッ飛んでましたなぁ..」大丈夫なのかと尋ねると、笑われてしまい、大丈夫なわけがない自分達は女をヤリ込んでしまうのも仕事、自分から犯されに来るような人妻はこんな味をしめたら手に負えなくなる。
帰っても必ずまた来たがる。
O氏の言葉には自信が溢れている、その折にはお願いします、と答えると一ヶ月までなら預かれるが、無料では無理なので風俗店で仕事をしてもらう、そのかわり毎晩男達は欠かさず与えるとの事。
帰宅してからの妻の変貌が楽しみです..きっと今も陵辱の限りを尽くされているのだと思います。
今夜は眠れそうにありません。
妻はまだ帰りません。
連絡も不通でヤキモキしていた所、深夜にK氏から電話があり、木曜の昼に妻を向かえに行ったのだが疲れて動けず夜まで寝させた。
今日(金曜)の昼からO氏と、O氏の経営するソープに連れて行き研修させ、夜に二人の客を取らせたとの事!なんと言う事でしょう..私の意向などはとうに無視されているので、妻は承諾したのか?と聞くと少し口説いたが嫌がらず、むしろ楽しんでいたし、O氏の別宅に帰ってからも、「まだチンポが欲しいか?」と聞くと「うん」と言うので縛りあげて皆で輪姦してやった。
ド淫乱な人妻を悦ばせてやっているのだから感謝しろ。
来月の初めから働かせるからまた連れてくるように、明日(土曜)最後に私が一発抜いて夜には帰宅させるとの事。
想像を超えた所に真の興奮があると言いますが、この数日で愛妻をソープ嬢にまで堕とされるとは思いもしませんでした。
昨夜10時半頃に妻はようやく帰宅したのですが「これお土産」とビデオテープと菓子おりを渡すと、すごく疲れたから休むと寝てしまいました。
しかたがないのでドキドキしながらビデオを見たのですが・・内容は凄絶なものでオナニーせずにはいられませんでした。
(ビデオの内容はまた改めて投稿させてもらいます)今日(日曜)のお昼に話をしたのですが、まずソープの件をどうするのか?と尋ねると、O氏に三ヶ月周期で働かせやってもよい、と言われた。
あなたさえよければとの事。
ダメだと言えばやめるのか?ソープで働いてそのうえ毎晩その筋の男達に突っ込まれたいのか?!と問い詰めると、「ああ・・ごめんなさい・・でも・・」と涙をためながら、O氏の別宅で嬲られ続けた快感が忘れられない、自分が堕ちて行くのは分かるけど今は止められない、と言う。
毒を喰らわばなんとやら・・妻がどんなに堕ちようが別れる気などはサラサラなく、私には快感なので、○美が望むならいいよ、と言うと泣きついて来てそのままSEXになりました。
慣れ親しんだ妻の身体とSEXはこの数日で確実に変化していました。
アソコは妙に柔らかく、アナルは脱肛ぎみに盛り上がり、自らチンポを喉の奥まで咥え込み嗚咽を漏らしながらオナニーし、指を入れてこねるとたちまち垂れ流すようにシオを吹きました。
なにより驚かされたのは、陰毛の生際あたりに小さくLewdness(淫乱)とTATTOOが彫られていた事です。
「来て!」と大股を拡げて誘うので挿入して突くと軽く気をやった後マジマジと私の顔を見つめながら「あなた・・ごめんね・・こんな身体になって・・ああダメ・・」「なにがダメ?」「こんなHじゃダメなの・・太いの欲しい!大っきいの!イボイボの凄いの欲しい!二本いれて!凄いのでイキたぁーい!!」妻の絶叫に興奮し激しく突くと「精子、精子!精子飲みながらイクの!あなた唾ちょうだいー!!」とまさに色情狂・・・「いいよ、○美がやりたいようにやれば、また行っておいで」「ああ!嬉しい!でもごめんなさい・・愛してる!」妻の愛してるの言葉をききながら妻の奥深くに射精していました・・・。
妻は158cm45kgのCカップで女優の釈○美○に似た美人です。
関西圏のソープで出会う事があればかわいがってやって下さい。
真夜中女子会ちゃんねる
40過ぎの魅力的な奥様は、中に出されることを望みました

おすすめ記事